Skip to content

Published in: ANIME / CHARA

ライムント・クルメ監督が公開講座「コンテンポラリーアニメーション入門2017」10月開催

東京藝術大学大学院映像研究科による公開講座『「コンテンポラリーアニメーション入門」 〜現代短編アニメーションの見取り図〜2017』が横浜・馬車道にて開催。日本のテレビCM(ボシュロムのコンタクトレンズ)制作をはじめ、国際的に活躍している、ライムント・クルメ監督を招聘し、作品鑑賞を中心に、アニメーション制作について講義する。

ライムント・クルメ Raimund Krumme
【プロフィール】
1950年 ドイツのケルン生まれ、70〜75年 HDKベルリン美術学校、76〜82年 HBK BRAUNSCHWEIG講師、77年 子供ラジオショーの放送作家、80年以降、アニメーション映画制作、92〜95年 ミナスジェライス大学ブラジル校で客員、00年 韓国、釜山の東西大学校で客員、94年以来、アメリカと日本の市場のためのCMアニメーション制作、97年〜01年カリフォルニア芸術大学の常勤講師、02〜04年ドイツ、ハレのテレビ番組アカデミー、04年 のテルアビブとモントリオールで回顧展、06年以降、ケルン・メディア芸術大学の常勤講師。

<イベント詳細>
【第26回講座】
演題:『だまし絵、主と従の反転』
講師:ライムント・クルメ
日時:2017年 10月22日(日)
15:00整理券配布/15:30開場/16:00開始  18:30終了予定

会場:東京藝術大学横浜校地馬車道校舎
   横浜市中区本町4-44 みなとみらい線「馬車道」駅5、7番出口すぐ
料金:入場無料・予約不要
主催:東京藝術大学大学院映像研究科 横浜市文化観光局

詳細は、公開講座「コンテンポラリーアニメーション入門2017」HPにて。
http://animation.geidai.ac.jp/ca/