「秋葉原映画祭2018」にて純愛ファンタジー映画『チャットレディのキセキ』舞台挨拶!主演・吉川友ら登壇

ARTIST

2018年5月5日、秋葉原にて5月3日、4日、5日の3日間開催された「秋葉原映画祭2018」にて、吉川友主演の純愛ファンタジー映画『チャットレディのキセキ』がプレミア上映会を開催。

舞台挨拶も行われ、主演の吉川友、そして監督をつとめた川口浩史氏が登壇。

チャットレディとして学費を稼ぐ音大生を演じた吉川は「今回、音大生を演じられてすごく貴重な体験になりました。チャットレディも今作を通して初めて経験させて頂いたので、とてもいい思い出になりました。」と話し、川口監督はチャットと音楽という題材についてたずねられると「パソコンとピアノが融合する事によって、何かが生まれるんじゃないか?ある種の実験的な映画の撮影をしました。」と答えた。

印象的なシーンや見どころについて吉川は音大生役といことで「(ピアノを)いかに弾けるように撮れるか?というのが今回の作品の勝負所だったので、そういった個所を観て頂きたいなと思っています。」と伝えると、川口監督は「新しい吉川さんが見れます。いつもの感じじゃないので...“女優”吉川友を是非ご覧ください。」と話した。

■秋葉原映画祭 2018 プレミア上映作品
映画「チャットレディのキセキ」

結城美音は、チャットレディのバイトをしながら生活費を稼ぐ音大生。ある日、ハンドルネーム<カノン>がログインする。登録は間違えだとログアウトしようとするカノンを引き止めると「チャットレディなんかと話せるか」と冷たく言い放たれる。仕事を馬鹿にされた美音が「ろくな話題もないくせに偉そうなことを言わないで!」と怒りをぶつけたその直後、突然ピアノ曲が聴こえてきた。演奏しているのはカノン。素晴らしい演奏に圧倒されているうちに、カノンは何も言わずにログアウトしてしまう。「今の人、何!?」驚きながらもすでにカノンの演奏に魅了されている美音だった。ピアノコンクールの一次予選に通過した美音は、カノンに教えを請う。渋々引き受けるカノン。チャットを介し、ピアノを通じてお互いの心が惹かれ合い、会いたい想いが募っていく。そしてコンクール予選の日。「必ず君に会いに行く」そう約束したはずなのにカノンは現れなかった。なぜならカ ノンには重大な秘密があったから。さらに時の悪戯に翻弄され、しだいに2人はすれ違っていく。

【作品解説】
日本国内でも7000万人以上が利用していると言われる SNS。その中でも急激に利用者を増やしているライブチャットサービス。そんなライブチャットを題材にした純愛ファンタジー映画が誕生。出演者には、ソロアー ティストとして活動する吉川友と俳優集団 D-BOYS の鈴木裕樹をダブル主演として迎え、尾野真千子主演映画 「トロッコ」などで日本映画批評家大賞新人監督賞を受賞し、国内外でも活躍する川口浩史が監督を務める。

出演:吉川 友 鈴木 裕樹 宮下 順子 他
監督:川口 浩史
脚本監修:村川 康敏
脚本:印東 由紀子 大竹 菜々子

製作:株式会社キャナル
制作プロダクション:モバコン株式会社
配給:パル企画

公式 HP:https://www.chatladynokiseki.com/

©2018「チャットレディのキセキ」製作委員会