「FOODEX美食女子 グランプリ2018」アンバサダーに朝比奈彩が就任!食について語る

「FOODEX美食女子 グランプリ2018」アンバサダーに朝比奈彩が就任!食について語る




2018年11月21日、都内にて「FOODEX美食女子 グランプリ2018 朝比奈彩アンバサダー就任記念記者発表会」が行われた。

「FOODEX美食女子」グランプリとは、アジア最大級の国際食品・飲料展「FOODEX JAPAN」が2013年より創設した、女性自らが買いたい、食べたい食品・飲料を選ぶコンテスト。審査員には食に精通したモデルやタレント、フードコーディネーター、管理栄養士ほか、女性バイヤーや一般消費者も加わり、「スイーツ部門」「ドリンク部門」「ミール部門」「ママの愛部門」の4部門を審査する。

審査は「味」や「食べやすさ」のほか「パッケージ」などを基準に行われ、3月に行われる「FOODEX JAPAN」の初日にてグランプリを発表。

そんな「FOODEX美食女子 グランプリ2018」アンバサダーには、モデル・タレント・女優として活躍する朝比奈彩が就任。より広く「美食女子」を普及支援する。

登壇した朝比奈は就任式にて委嘱状、ジャンボ名刺を受け取ると、「食べることや料理することがとても好きなので、アンバサダーに選んでいただけてとても光栄です。」と笑顔を見せる。

モデルとしても活躍するため体型維持についての話題では、キックボクシングやロードバイクなどの趣味を例に挙げ「食べて運動すること」が大事と話す。時間のない時には入浴後にボディクリームを塗って足のマッサージや、またストレッチなど、できる範囲で行うようにつとめているとのことだ。

「美食女子」ということで、自炊についての話題では「自炊をするとどういう食材だったり、どういう調味料だったりが入っているのかがわかる」と自分なりの食事バランスの取り方も紹介。

また、ハロウィンにはカボチャのチーズケーキを作りスタッフにふるまったことを話す。得意料理についてはハンバーグ。出身地である淡路島のたまねぎを使ったもので、とても甘くなるということだ。

「FOODEX美食女子 グランプリ2018」については審査基準の一つであるビジュアルについて、「SNSなどもあるので、かわいいものだったら女の子はテンションが上がるんじゃないかなと思います」とポイントを語った。

会見後の囲み取材では「美食女子というものを増やしていけたらいいなと思います」とアピールしつつ、料理についてはもち米やアサイーなども使いヘルシーなものを心がけていると話す。甘いものに関しても、中身をいかにヘルシーにしていくかを考えるのも一つの手とのこと。

また、「FOODEX美食女子 グランプリ2018」では。有資格者以外にも一般からの審査員を募集中。詳しくは公式サイトをチェック。
■公式サイト:https://www.jma.or.jp/foodex/beauty/

2017年度グランプリ商品