Skip to content

Published in: BOOK・MOVIE

中野量太監督登壇決定!『湯を沸かすほどの熱い愛』特別上映会 開催!

>



2017年3月25日(土)、多摩市立永山公民館ベルブホールにて「『湯を沸かすほどの熱い愛』TAMA映画フォーラム特別上映会」が開催。

『湯を沸かすほどの熱い愛』は、『バンザイ人生まっ赤っ赤。』にて第1回 TAMA NEW WAVE グランプリ、『チチを撮りに』で第5回TAMA映画賞最優秀新進監督賞を受賞した中野量太監督のメジャーデビュー作。今回の催しはそんな「TAMA NEW WAVE」出身の監督の躍進を祝って開催される。

上映会には、今回の主役である中野量太監督の登壇も予定されており、撮影の裏話や映画製作にかける想いなど、新しい時代をになう監督として何が話されるか注目となっている。

『湯を沸かすほどの熱い愛』
監督・脚本:中野量太
出演:宮沢りえ/杉咲花/オダギリジョー/松坂桃李/伊東蒼/篠原ゆき子/駿河太郎
配給:クロックワークス © 2016 「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

【ストーリー】
銭湯「幸の湯」を営む幸野家。しかし、父が1 年前にふらっと 出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。


【ゲスト: 中野量太監督プロフィール】
1973 年生まれ、京都府出身。日本映画学校の卒業制作『バンザイ人生まっ赤っ赤。』(2000 年)が第 1 回 TAMA NEW WAVE グランプリを獲得。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012において「SKIP シティアワード」及び監督賞を受賞し、SKIPシティDシネマプロジェクト第3弾として公開された『チチを撮りに』(12 年)は、第5回TAMA 映画賞最優秀新進監督賞のみならず、第63回ベルリン国際映画祭正式招待のほか、第 3 回サハリン国際映画祭でグランプリなど海外でも高い評価を得た。宮沢りえを主演に迎えた最新作『湯を沸かすほどの熱い愛』(16 年)が全国公開中。




■『湯を沸かすほどの熱い愛』TAMA映画フォーラム特別上映会*
開催日:2017年3月25日(土)
会場:ベルブホール(多摩市立永山公民館/ベルブ永山5F)
上映スケジュール:
10:30~12:35 ※上映後、中野量太監督トーク
13:30~15:40 / 16:00~18:05 / 18:30~20:35

チケット:
前売・インターネット予約:1,400 円(一般)
当日:1,800 円(一般)、1,200 円(シニア・学生)、1,000 円(子と?も=4 歳~小学生)
※TAMA 映画フォーラム支援会員、障がい者とその付添い者1名は当日 1,000 円
※インターネット予約は、上映当日に前売価格にて精算・チケット受渡
(受付は 3 月 24 日(金)まで)
※2月21日(火)一般発売