Skip to content

Published in: BOOK・MOVIE

2代目ポカリガールに福島美少女“箭内夢菜”!WEBムービー『 東京サプライ少女 2017 』篇

東京マラソン2017オフィシャルドリンク「ポカリスエット」のWEBムービー“東京サプライ少女 2017”篇を2017年2月15日(水)より特設サイトにて公開。新人モデル・女優として注目される『 箭内 夢菜 (やない ゆめな)』が2代目ポカリガールとして健康的にコースを巡る。

今回のWEBムービーは、新コースを“4.2195秒”という超高速で疑似体験出来る世界初の試みで制作。2代目ポカリガールに抜擢された箭内夢菜のフレッシュさと一生懸命にアドバイスをおくる姿には、自然と笑顔がこぼれるだろう。

気づかないうちに渇いている冬のランナーに、ポカリスエットをサプライしながら全ての“完走”をサポートするムービーとしても必見だ。

■2代目ポカリガールとは?
「東京マラソンに世界中から参加するランナーへポカリチャージする」ことが使命。今年から新しくなった、東京マラソンのコースを、なんと“4.2195”秒という超高速で完走できる。また、ランナーに役に立つアドバイスを、驚きの技で、楽しく・分かり易く解説して、全てのランナーの“完走”サポートに全力を注ぎます。

■撮影エピソード
・1月の東京に”晴れガール”が春を連れてきた!
撮影当日はお天気にも恵まれ、気温もぐんと急上昇。1月末にも関わらず、気温が20度に近づき桜が散る頃の陽気の中での撮影となりました。穏やかな気候も相まって、撮影中もカメラが回っていない間も、“晴れガール”である箭内さんの爽やかな笑顔が一日中はじけていました。

撮影中は都内10ヶ所をかけ巡り、最後の撮影場所となった東京駅の赤レンガ前では、駅舎に興奮した様子で、「こんな綺麗な場所を走れるなんて、東京マラソンっていいな!」と東京の魅力を大満喫していました。

・ランナーとの息もぴったり!現場の渇きも潤す名実ともに“ポカリガール”!
撮影初日、走行しているランナーにポカリスエットを手渡す場面では、受渡しに苦戦していましたが、二日目の撮影では息もぴったり、スムーズにパスし、ランナーの渇きを潤していました。

中学時代機械体操を行っていた箭内さんは、ランニングの前も入念にストレッチをして、得意な180度開脚を披露!しなやかなランニングフォームで2日間の撮影を走り切りました。

また、運動中はいつもポカリスエットで水分補給していたとのことで、「慣れ親しんだ味でランナーの走りを応援できるのは幸せ」と自身の経験と重ね合わせていました。

■箭内夢菜さんプロフィール
名前: 箭内 夢菜 やない ゆめな
生年月日: 2000年6月21日
出身地: 福島県
経歴:
「ミスセブンティーン2016」ファイナリスト
「福島美少女図鑑vol.3」表紙
「福島美少女図鑑」CM出演中

箭内夢菜インタビュー
—撮影で一番大変だったシーンはどこですか?
映像上で、東京タワーと同じサイズになってランナーに手を振るシーンがあるのですが、一人での演技だったので、どちらに向かって手を振っていいのか戸惑ったり、表情を作るのが難しかったりしました。ゆっくりゆったりと動くのも難しかったです。
どのような表情だったらランナーを元気づけられるか、考えて演じてみました。

—撮影を通じての感想はいかがですか?
撮影になると、緊張で表情が堅くなってしまっていたのですが、監督やスタッフのみなさん、共演者の方々が、優しく教えてくれたので、心地よく楽しく撮影ができました。

—どんなときにポカリスエットを飲んで欲しいですか?
元気がないときや、のどが渇いたときに冷たいポカリスエットを一気に飲んでほしいです。東京マラソンに出場されるランナーのみなさんも、完走できるかどうか不安があると思うのですが、ポカリスエットを飲んで元気を出して、あきらめずに頑張ってください!

内山陽介監督インタビュー
—今回のムービーのテーマ・見どころはどこですか?
冒頭4.2195秒で東京マラソンのコースを体感できるスピーディな展開はぜひ見て頂きたいです!『速っ!』スタッフが驚いた箭内さんの走りにもご注目ください!

—「ポカリガール」に箭内さんを選んだ理由は?
ひたむきな姿勢と、素材感。かなりの数の方がオーディションにいらした中で、嘘をついてないというか、演じてない、素材としての魅力が際立っていました。

■LINK
WEBサイトURL: http://pocarigirl.jp