Skip to content

Published in: CULTURE, NEWS

10月14日(土)、15日(日)「練馬アニメカーニバル2017」 ! 映画『この世界の片隅に』記念トークも

「練馬アニメカーニバル2017」メインビジュアル(イラストレーション:久保田誓氏)

10月14日(土)、15(日)、練馬駅北口周辺にて「練馬アニメカーニバル2017」が開催。

このイベントでは練馬区にとって重要な産業であるアニメーションを、より深く、楽しく、身近に感じることを目的に様々な企画を展開する。“ジャパンアニメーション発祥の地”と呼ばれる練馬区ならではのイベントに注目だ!

<プログラム第1弾!>

■映画『この世界の片隅に』大ヒット感謝祭!

『この世界の片隅に』ポスタービジュアル

今もなおロングラン上映を続ける映画『この世界の片隅に』。「第40回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞」、「第41回アヌシー国際アニメーション映画祭 長編部門 審査員賞」など数々の賞を受賞し、国内外から作品の品質が高く評価されています。監督は、練馬区内にある日本大学芸術学部出身で、現在も同校で講師を務める片渕須直。

公開から約1年後の記念トークでは、片渕監督と真木プロデューサーが登場予定となっている。

ステージ:練馬文化センター 大ホール
10月14日(土) 16:00~18:00(予定)

ゲスト(敬称略):
片渕須直(監督)・真木太郎(プロデューサー)
※変更になる場合もございます。予めご了承ください。

そのほか人気アニメ作品ステージ、アニメ作品上映、コラボ屋台など企画満載!
各プログラム参加申込は8月下旬頃開始予定。

最新情報は、練馬アニメカーニバル公式サイトをチェック!
http://animation-nerima.jp/event/carnival/

その他《アニメ・イチバンのまち》練馬に関する情報は『練馬アニメーションサイト』へ。
http://animation-nerima.jp/
※開催プログラムは都合により変更・中止することがあります。

■イベント開催概要
・開催日:2017年10月14日(土)・15日(日)11:00~18:30(予定)

・会場 :練馬駅北口周辺
     (1) 練馬文化センター
     (2) 区民・産業プラザ(Coconeri 3F)
     (3) 平成つつじ公園
     (4) ペデストリアンデッキ
      ※プログラムによって実施会場が異なりますのでご注意下さい
      ※西武池袋線(地下鉄有楽町線・副都心線直通)および
       都営大江戸線の練馬駅北口から徒歩1分

・入場料:無料
※プログラムにより事前申込可能なもの有り。詳しくは上記「練馬アニメカーニバル公式サイト」にて後日発表。

・主催 :練馬アニメカーニバル推進連絡会
     (練馬区、ねりま観光センター(練馬区産業振興公社)、
      西武鉄道、ジェイコム東京、東映アニメーション、
      一般社団法人練馬アニメーション)

■ジャパンアニメーション発祥の地、「アニメ・イチバンのまち 練馬区」
日本最初の劇場用カラー長編アニメ「白蛇伝」を制作した東映動画(現・東映アニメーション)や、日本で最初の連続TVアニメ「鉄腕アトム」を制作した虫プロダクションがあり、“ジャパンアニメーション発祥の地”と呼ばれる練馬区。現在も100社を超えるアニメ関連事業者が集積するアニメ産業が盛んなまちでもあります。アニメとの関わりの中で「イチバン最初のまち」である練馬区はまさに「アニメ・イチバンのまち」と呼ぶべきまち。その練馬区が、アニメをさらに楽しく身近に感じてもらおうと2007年から開催しているのが今年で11回目を迎える「練馬アニメカーニバル」です。

■今年のテーマは【アニメ作品がもう一歩面白くなる2日間】
アニメーション作品の中に活きる技術や、制作に参加するクリエイターの思いなどを知り、作品がさらに面白くなるイベントを目指します。ぜひ本イベントにご来場いただき「アニメ・イチバンのまち 練馬」をご体感ください。