Skip to content

Published in: CULTURE, NEWS

『IKEAカタログ 2018』のテーマは“やっぱり、家がいちばん” 「IKEAカタログ」アプリも配信開始

イケア・ジャパン株式会社は、8月24日(木)より2018年度版『IKEAカタログ 2018』の配布と「IKEAカタログ」アプリの配信を開始。FSC認証紙を使用した全324ページの『IKEAカタログ 2018』は35カ国語に翻訳され、世界52カ国で2億300万部発行される。なお日本では500万部の配布が予定されている。

今年のカタログのテーマは「やっぱり、家がいちばん」。

さまざまなアクティビティーの場であり、誰もが自分らしく快適に過ごせる場所、大切な人々と一緒に過ごすための空間であるLDKにフォーカスし、リビングルームの新たな考え方を提案。

お部屋づくりのインスピレーションや暮らしに役立つアイデア、数々の新商品を満載。多機能なリビングルームソリューションとスモールスペースリビングのアイデアを紹介し、スペースを最大限に活用できるよう考える。さらに今年度より、初めてカタログのコンセプトムービーを配信する。「やっぱり、家がいちばん」をテーマに、ワクワク感を高めるコンセプトムービーを各種SNSにて配信予定だ。

また「IKEAカタログ」アプリの配信もスタート。

操作がより直感的でユーザーフレンドリーになり、カタログ内で紹介するホームファニッシングソリューションに関する動画も、新たに追加された。

またAR機能もアップデートされ、カタログ本誌がなくてもAR機能を使用することができ、複数の商品を一度に自宅に置いた様子をシミュレーションできるようになる。さらにIKEAオンラインストアの購入ページへの移行もスムーズになっている。Apple TV(第4世代)にも対応しているので、家のソファでくつろぎながらIKEAカタログを楽しむことができる。