Skip to content

Published in: ANIME・CHARACTER, CULTURE

手塚治虫生誕90周年記念『MANGA Performance W3(ワンダースリー)』「マンガの日」に開幕!




2017年11月3日(金)は、手塚治虫の90回目の誕生日であり、「マンガの日」でもある。

秋晴れのこの日、手塚治虫の初期の名作「W3(ワンダースリー)が、”MANGA Performance”という、新しいエンターテイメントとして幕を開けた。「W3(ワンダースリー)」は、今から50年以上前の作品だが、キュートな動物キャラクター、まっすぐな正義感を抱く少年、そして地球の危機、と手塚治虫らしい要素が満載で、今もファンの間で人気が高い作品だ。

演出をつとめるのは、プロジェクションマッピングを駆使した2.5次元の舞台で注目を集めるウォーリー木下。ノンバーバルの舞台で、海外で高い評価を受けている彼でも「手塚治虫作品のように複雑で壮大なストーリーの作品を、台詞をほとんど使わずに表現するのは初めての経験」ということで、7月のトライアウト以来、何度も試行錯誤を重ねて、初日の開幕に至った。

マンガをそのまま舞台に投影したようなプロジェクション・マッピング、一人で何役もこなすキャストたちの切れのあるパフォーマンス、宇宙空間を表現するプラネタリウムのような美しい映像で、手塚治虫の世界観が見事に表現されていく。観客とコミュニケーションをとる、ウォーリー木下らしい演出もあり、飽きさせない。まさに、国籍も言語も、年齢も超えて楽しめるエンターテインメントだ。

照明や音響、プロジェクションマッピングをの演出で、舞台を壮大な宇宙空間に変え、ストーリーをテンポよく展開していく手法は、ウォーリー木下ならではのセンスの良さを感じさせる。

初日の舞台では、主人公・真一役の西島数博をはじめ、世界的パフォーマーであるフィリップ・エマール、そして、川原一馬、松本ユキ子、手代木花野の5名。たった5名でこれだけ複雑な物語を演じるのも、”MANGA Performande”ならではの画期的な表現法だ。キャストの早変わり、セットの転換、映像やパペットなど、70分の舞台には1000を超える仕掛けがあるという。

主演の西島数博は「15名のキャストがいろいろな組み合わせで出演しますから、それだけでも空気感は全然変わります。きっと観るたびに新しい発見があるはずです」と語る。

そして、初日開幕を記念して、終演後にはアニメ「W3(ワンダースリー)」第1話の上映と、主演の西島数博、演出のウォーリー木下、そして、マンガやアニメ好きで知られ、自ら声優としても活躍しているニッポン放送アナウンサー・吉田尚記によるスペシャル・トークショーが緊急開催された。

西島数博吉田尚記アナから、「まるでアトラクションみたいな舞台ですよね。年間パスが欲しいくらい。おとなしく観ているだけじゃなくて、もっと観客がどんどん参加できるようにしてほしい」と言うと、ウォーリー木下が「それは面白い」と賛同。

トークショーは終始笑いに包まれ、舞台の面白さ、楽しみ方がよく伝わってきた。こういう企画に今後も期待したい。一度観た人も、新たな発見、新たな企画を見逃さないよう、公式サイトやツイッターのチェックをおすすめする。

■MANGA Performance W3(ワンダースリー)
原作:手塚治虫 漫画 W3(ワンダースリー)
主催:MANGA Performance W3実行委員会
   (ニッポン放送、読売広告社、シーエイティプロデュース、手塚プロダクション、キューブ、
    キョードー東京、フラックス)
機材協力:エプソン販売
後援:フジテレビジョン
構成・演出:ウォーリー木下
会場:DDD青山クロスシアター
日程:2017年11月3日(金)〜12月22日(金) 上演時間 70分予定
チケット:6500円(税込)
※「ラッシュ・チケット」という、当日券をお得に購入できるシステムも。

出演者:(各公演には下記出演者から5名が出演いたします。)
西島数博 フィリップ・エマール 川原一馬 椎原夕加里 石井咲
藍実成 坂口修一 梅澤裕介 松本ユキ子 関口満紀枝
伊藤壮太郎 鈴木秀城 坂口涼太郎 廣瀨水美 手代木花野
※各公演の出演者は、公演スケジュールを参照。

公式ツイッター:@manga_p_W3
公式サイト: http://www.manga-p-w3.com

※手塚治虫、手塚プロダクションの「塚」は、旧漢字が正しい表記となります。