「SHOWROOM AWARD 2017」にて最優秀賞やAKB賞も決定!注目の配信者が続々登壇!

CULTURE




2017年12月11日、恵比寿ザ・ガーデンホールにて「SHOWROOM AWARD 2017」が開催。

これは無料で誰でもライブ配信&視聴ができるライブ配信プラットフォーム、仮想ライブ空間「SHOWROOM」において、2017年に活躍した配信者を表彰するとともに、開催されたイベントなど振り返るイベントなっている。会場には多くの配信者が集まり、各部門にノミネートされた配信者も期待を込めて着席する。

表彰部門は最優秀賞、優秀賞、新人賞、配信継続賞、AKB48賞、コンテンツ各賞、声優特別賞、男性特別賞、SHOWROOM特別賞となっており、それぞれ受賞者が登壇。

このイベント内で最終審査が行われるイベントもあり、2018年開催予定の東京ガールズコレクションの関連イベントの出演権を賭けた「超豪華!TGC関連イベント出演争奪戦」では、ファイナリスト5名の中から、まややんこと青木茉耶が優勝。SHOWROOM配信での道のりも思い出される中、大粒の涙で喜ぶ姿が見られた。

また、数多くのアーティストを手掛けている「Carlos K.」と「Akira Sunset」が審査を行う、「最強コンビ楽曲提供&番組タイアップ!」も。ファイナリストの3組が実際にステージで、日本ポップミュージックシーンを背負う最強コンビの目の前でパフォーマンスすると、拮抗する実力に審査にも熱が入る。

悩んだ末出された結果は、そのがんばりを評価されたcocona*。選ばれたことに戸惑いつつも、笑顔を見せた。

最優秀コンテンツ賞に選ばれた「マクロスがとまらない」出演声優である東山奈央と鈴木みのりの登壇や、AKB賞ではSHOWROOMによってチャンスを獲得しているAKB48チーム8の大西桃香、太田奈緒、そしてNGT48中井りかの登壇など、今をときめく声優・アイドルたちによる華やかな場面も。

左から:東山奈央、鈴木みのり
左から:大西桃香、中井りか、太田奈緒

また、会場にて行われていたこの日のベストドレッサー賞には、優秀賞にもノミネートされている安陪恭加や、若干12歳のこはるんこと黒江心温などが受賞し、ステージで笑顔を見せた。

最後には鈴木奈々が特別ゲストとして登場し、優秀賞にノミネートされているファイナリストたちの中から、永藤まなが最優秀賞に決定するとプレゼンターとしてトロフィーを手渡す。

左:鈴木奈々、右:最優秀賞・永藤まな

永藤まなが喜びのコメントを寄せると、ミュージシャンとしても活動する彼女は、ここでSHOWROOMから新展開として発足した新レーベル「SHOWROOM RECORDS」からのリリースも発表された。

超絶技巧のピアノを武器に、さらなる特別ゲストとして登場した“美人すぎるバイオリニスト”Ayasaとゴールデンボンバーの大ヒット曲『女々しくて』を大胆なクラシカルアレンジで披露すると、会場からの大きな拍手。

なお、永藤まなは「SHOWROOMRECORDS」第2弾アーティストとなり、まだ明かされていない第1弾アーティストにも注目となっている。

左から:永藤まな、Ayasa

やがて多くの配信者の夢をのせた「SHOWROOM AWARD 2017」が閉会となると、インターネット上でお互いの顔を知っていた配信者同士が交流する場面も見られ、ある種の暖かさの中イベントは終了となった。