Skip to content

Published in: CULTURE

TAAF2017オープニング作品は『ひるね姫』!コンペティション部門ノミネート作品発表

国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2017(TAAF2017)」がオープニング作品決定を発表。また、コンペティション部門ノミネート作品を発表とともに、2月1日(水)からプログラムチケットの発売を開始する。

 

「ひるね姫~知らないワタシの物語~」©2017ひるね姫製作委員会

■「ひるね姫~知らないワタシの物語~」がオープニング作品として上映!神山健治監督登壇!
3月18日(日)公開の「ひるね姫~知らないワタシの物語~」がTAAF2017のオープニング作品として上映されることが決定。上映後には監督の神山健治氏が登壇し、さらに「神山健治特集上映」も開催予定となっている。
※詳細は後日発表
※鑑賞申込みは2月1日(水)12:00よりTAAF2017公式HPにて受付開始

 

「ズッキーニと呼ばれて/英題:My Life as a Courgette」©My Life as a Courgette

■コンペティション部門ノミネート作品決定!
本年のコンペティション部門には52の国と地域から、671作品がエントリー。その中から長編4作品、短編34作品と、長編・短編共に日本ではなかなか見ることのできない貴重な作品がノミネートしている。

長編コンペティションノミネート作品一覧
『エイプリルと奇妙な世界/英題:April and Extraordinary World』(105分/フランス)
『ズッキーニと呼ばれて/英題:My Life as a Courgette』(66分/スイス)
『手を失くした少女/英題:The Girl Without Hands』(76分/フランス)
『バッドキャット/英題:Bad Cat』(85分/トルコ)
※短編のノミネート作品はTAAF2017公式HPをご覧ください。
※上映日時は下部の「2月1日発売チケット一覧」をご覧ください。

 

「この世界の片隅に」©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

■2016年話題作「この世界の片隅に」特別上映決定、片渕須直監督も登場!
「第90回キネマ旬報ベスト・テン」で2016年の日本映画の作品賞を受賞した、「この世界の片隅に」の特別上映会が決定。当日は片渕須直監督も登壇しアニメーションにかける想いなどを語る。
※上映日時は下部の「2月1日発売チケット一覧」をご覧ください

■2月1日(水)、第一弾 プログラムチケット発売!
2017年2月1日(水)12:00よりプログラムチケットの発売が決定しました。
※無料プログラムはTAAF2017公式HPより申込を受付けます。
2月1日発売チケット一覧は以下のTAAF2017公式HPよりご覧ください。

<2月1日発売チケット一覧>
URL:http://animefestival.jp/ja/post/4942/




 


 

■DATA
東京アニメアワードフェスティバル 2017
日程: 2017年3月10日(金)~13日(月)
会場: 池袋 他
URL:http://animefestival.jp/ja/