Skip to content

Published in: FASHION

小篠ゆま氏デザイン、2018年3月ダイヤ改正にあわせて特急ロマンスカー専用の新制服を使用開始




小田急電鉄株式会社は、2018年3月の新ダイヤでの運転開始にあわせ、特急ロマンスカー担当乗務員専用の新制服を使用開始。また、ロマンスカーアテンダント(車内販売員)の制服についても、同時にリニューアルする。

現在は特急ロマンスカー・VSE(50000形)に限定し、担当乗務員専用の制服を着用。2018年3月に就役する新型特急ロマンスカー・70000形の導入にあわせ、全ての特急ロマンスカーの乗務員の制服を特別なおもてなしにふさわしいものに変更し、さらなるロマンスカーのブランド強化を図っていく。

あわせてロマンスカーアテンダントについても新たな制服を着用。新制服を身にまとった乗務員、アテンダントは、ロマンスカーにおける最高水準のサービスの提供を目指す。

新制服のデザインコンセプトには、共通キーワードとして「心の豊かさ」を掲げ、洗練されたデザインを意識し、さらに、ロマンスカーでの多くの出会いを想定し、ここでしか味わえない「お出かけの高揚感を高めるかっこよさ・憧れ」を表現している。

制服デザインは、ファッションデザイナーの小篠ゆま氏が担当。

【デザイナーコメント】
ロマンスカーの制服をデザインするにあたり、まずは車庫に赴き様々な車体を目にし、その歴史と背景を知ることから始めました。そして今回の新車両のキャッチカラーであるバーミリオンオレンジを制服に取り入れ、運転士・車掌の制服には品性とシャープさを、アテンダントの制服には女性らしさや清潔感を第一に考えました。制服を着用する方々が動きやすいと感じるだけでなくモチベーションが高まるような、そしてお客様にプロフェッショナル感を与えられるような制服であってほしいと願っています。

YUMA KOSHINO HP:http://yumakoshino.com/