「パン・オブ・ザ・イヤー2017」パンマニアが今年最も注目したパン7種を発表!

YUMMY!




国内最大のパン専門コミュニティサイト「パンスタ」を運営するパンスタ編集部は、「パン・オブ・ザ・イヤー2017」を発表。パンマニアが今年最も注目したパン7種を選出した。

・パン・オブ・ザ・イヤー2017の発表ページ

受賞パン

シニフィアン シニフィエ Signifiant Signifie〔 東京都 / 世田谷区 〕

★バゲット部門 金賞

40時間発酵バゲット

パン好きのあいだでは常に人気の高い同店が、2017年パンを大幅にリニューアルしたことで話題に。同店の代名詞的看板パンだった「バゲットプラタヌ」は、志賀シェフの飽くなき探求心によって「40時間発酵バゲット」へと進化。深い旨みに澄んだ軽やかな余韻のバゲットに。翌日食べても充分にその美味しさが楽しめるのも魅力。世田谷本店だけでなく、日本橋高島屋、二子玉川高島屋、ネットショップでも購入できる。

・http://pansta.jp/shop/12674/

俺のBakery&Cafe(おれのベーカリーアンドカフェ)〔 東京都 / 渋谷区 〕

★食パン部門 金賞

俺の生食パン

都内の高級食パンブームをさらに加速させたともいわれる人気店。開店当初から常に行列が絶えない恵比寿店に続き、2017年は銀座店をオープン。焼き上がり時は、触っただけで沈んでいきそうなほどにソフトな仕上がりのため、販売はスライスなしの2斤サイズのみ。岩手県中洞牧場の原乳を使用しミルキーな香りと甘さが特徴。年齢問わず喜ばれると、高級食パンなのに何個も購入していく人も多い。

・http://pansta.jp/shop/15601/

ベーカリー&レストラン 沢村〔 長野県 / 北佐久郡 〕

★クロワッサン部門 金賞

クロワッサン

休日や連休には焼きたてのクロワッサンを購入しようと早朝から多くの人で賑わう。食べてみれば材料の良さを誰もが実感する。サクサクのクロワッサン生地を一口頬張ると鼻からバターの甘い香りがふわっと抜ける。カンパーニュのような大きなパンなども並びまるでパリのパン屋さんにいるよう。軽井沢だけでなく東京の新宿、広尾にも店舗がありこちらも人気店。

・http://pansta.jp/shop/15048/

ウフ タマコ サンド〔 福岡県 / 福岡市 〕

★サンドイッチ部門 金賞

TAMACO(タマコ)

たまごサンド専門店の一番人気が「TAMAKO(タマコ)」。もっちりとした食感の玄米パンで、たっぷりのタマゴフィリングと無農薬・低細菌の新鮮なフリルレタスをサンド。シンプルながらも究極の美味しさ。他に、たまごフィリングに意外な食材を組み合わせた変わり種サンドも人気。種類豊富で何度通っても飽きることなく、たまごサンドの奥深さを堪能できる。1号店の博多店に続き、東京、千葉、埼玉、愛知にも出店。

・http://pansta.jp/shop/15969/

あいわパン〔 神奈川県 / 横浜市 〕

★カレーパン部門 金賞

焼きカレーパン

店主こだわりのカレーパンはパキスタンカレーを参考に研究を重ねた自信作。スパイス感がしっかりとありながらも、煮込みほぐれた鶏肉が40%も入ったマイルドなカレールーはとにかく濃厚で旨みが凝縮。酸味のあるトマト生地のパンがカレーの濃厚さを包み込み絶妙のバランス。サクサクで揚げパンの食感だが、実はココナッツオイルで焼き上げた焼カレーパン。ヘルシーなのも女子にはうれしい。

・http://pansta.jp/shop/15110/

365日〔 東京都 /渋谷並区 〕

★あんぱん部門 金賞

「有機十勝小豆×あんぱん」、「白こしあん×あんぱん」

白こしあんは、インゲン豆の一種、十勝産大手亡(オオテボウ)を使用し口どけ良くなめらかで上品な味わい。粒あんは、十勝産有機小豆をフランス産の赤砂糖で炊き上げられたコクと食感が楽しめる。どちらも、上質な和菓子を思わせる味わいでありながら、コーヒーとの相性も良く、日本の伝統的パンと現代のスタイルがバランスよくミックスした進化系あんぱん。あんを包むパン生地も個性的で、もっちりとした食感でありながらも優しい甘さがあり、すっと口溶ける。あんの深い味わいへと導く名アシストの役目を果たす。

・http://pansta.jp/shop/13944/

吉田パン〔 東京都 / 葛飾区 〕

★コッペパン部門 金賞

コッペパン全般

眺めているだけでも幸せな気分になれる優しい焼き色の大きいコッペパン。手に取ると思っていた以上のずっしり感につい笑みがこぼれてしまう。具を自分でセレクトしお店の人がその場で挟んでくれるスタイル。思い思いに自由な組み合わせで楽しめるのも魅力

・http://pansta.jp/shop/13530/

■LINK
・パン・オブ・ザ・イヤー2017の発表ページ