Skip to content

Published in: GIRLS, REPORT

世界3位のバンもん!に挑め!「ぽにきゃん!アイドル倶楽部HADO大会」マジパン、さんみゅ~ら白熱のAR体験!

2017年2月20日、ポニーキャニオン所属のアイドルグループによるニコニコ生放送番組「ぽにきゃん!アイドル倶楽部」では、新時代のテクノスポーツ「HADO」を取り上げ「2016年ワールドカップ第3位「バンドじゃないもん!」にぽにきゃんアイドルが挑む!!ぽにきゃん!アイドル倶楽部HADO大会」を開催。

タイトル通り「HADO WORLD CUP 2016」において、まさかの世界第3位の成績を残したバンドじゃないもん!に挑もうという企画だが、大会の前には記者会見も行われ、それぞれに意気込みを語った。

会場に集まったのはAnge☆Reve、がんばれ!Victory、さんみゅ~、バンドじゃないもん!、マジカル・パンチラインの5組。

「HADO」はヘッドマウントディスプレイなどのAR技術を駆使したビデオゲームとスポーツがあわさったようなシステムとなるが、集まったメンバーにはゲームが得意な者はおらず、話題はスポーツへ。

中でも、女子としては珍しいラグビー経験者であるというマジカル・パンチライン浅野杏奈と、母親が体操選手だというさんみゅ~西園みすずに注目が集まる。西園本人については平均台でバク転をしていたなど、本人も高い身体能力を持っているようだ。

会見の最後には、迎え撃つ側となる世界第3位のバンドじゃないもん!甘夏ゆずが必殺技を用意してきたと語り、その名前を「う~、わお!」と紹介した。

「HADO」のプレイについては、ヘッドマウントディスプレイを通した拡張現実として、エナジーボールやバリアをリアリティある存在として扱う。エナジーボールはパンチの動作で発生し、それを対戦相手の周囲に浮かぶ4枚のライフに当て破壊すると1ポイント。飛んできたエナジーボールに対してはバリアでの防御も可能となり、80秒の制限時間でポイントの奪取を競うこととなる。対戦方法は3on3、2on2、1on1と様々。

今回の大会は3on3となり、2本先取したものが勝ち上がるトーナメント方式を採用。そして優勝グループ、および最も高得点を出した個人には焼肉券が贈呈される。そのことが発表されると、アイドルたちの目の色も変わった。対戦表は以下の通り。

<1回戦>
■第1試合
マジカル・パンチライン vs さんみゅ~

■第2試合
がんばれ!Victory vs Ange☆Reve

■第3試合
バンドじゃないもん! vs ポニーキャニオン女子社員チーム
※第3試合のグループはシードとして、勝利者がそのまま決勝戦となる。

1回戦は初の対戦ということで、まずは「HADO」に慣れていくような展開。しかしコントローラーを使った難しいコマンドなどは無いため、体感的にすんなり理解してゆく。常に動き続けることにより体力の消耗は激しく、各グループとも対戦終了後には座りこむシーンがよく見られた。

1、2試合目の結果はマジカル・パンチラインおよび、Ange☆Reveが勝利。さんみゅ~は注目の西園みすずを温存したまま、まさかの敗北となった。がんばれ!VictoryにはMCのニッポン放送のアナウンサー吉田尚記が助っ人として加わるも、あえなく敗退。

3試合目のバンドじゃないもん!とポニーキャニオン女子社員の対戦では、前衛後衛といった戦略や、しゃがんで的を小さくするなどのテクニックを、バンドじゃないもん!が披露。経験値の高さから、そのまま安定の勝利となった。

<2回戦>
マジカル・パンチライン vs Ange☆Reve

この対戦ではバンドじゃないもん!の影響からか、より戦略性を意識した一進一退の攻防へ。しかし、交代メンバーがおらず、同じメンバーで連戦となったマジカル・パンチラインは体力が尽きたか、惜敗。

<決勝戦>
Ange☆Reve vs バンドじゃないもん!

いよいよ決勝戦。放送も後半ということで、集中力がものをいう対戦となったが、やはり一日の長のある、バンドじゃないもん!が確実に得点を重ね、優勝を手にした。

面目躍如の勝利と、そして焼肉券ゲットに喜ぶバンドじゃないもん!だったが、さらに個人賞を獲得したのもバンドじゃないもん!甘夏ゆず。総取りの形に少々申し訳なさそうな表情浮かべつつではあるが、生放送を見ている視聴者に喜びを伝えた。

この企画では、あまりゲームやスポーツに馴染みのなかったメンバーなども、感覚的にルールを理解し、プレイを楽しむ様子が見られた。バンドじゃないもん!の対戦以降、戦略性を意識した展開など、シンプルなルールながらテクノスポーツ「HADO」ならではの発展性を感じさせる。

そんな「HADO」を体験してみたい方にはソプラティコ横浜関内、イオン越谷レイクタウン等、様々な場所での体験会も実施されている。詳しくはオフィシャルサイトをチェック。

そして、本年も「HADO WORLD CUP 2017」として再び世界大会の開催が決定。かつてはアニメや漫画の話であったVRやARでの大会は、今注目の新しいムーブメントとして動き出している。未来はようやくそこまで来ているようだ。

■GALLERY




■LINK
「HADO」OFFICIAL SITE:http://meleap.com/
Ange☆Reve OFFICIAL WEB SITE:https://angereve.com/
がんばれ!Victory オフィシャルHP:https://ganbare-victory.com/
さんみゅ~ OFFICIAL WEB SITE:http://sunmyu.com/
バンドじゃないもん! OFFICIAL WEB SITE:https://banmon.jp/
マジカル・パンチライン 公式サイト:http://magipun.com/