デジタル声優アイドル22/7(ナナブンノニジュウニ)がライブイベント!“バーチャル”と“リアル”で新曲『シャンプーの匂いがした』初披露!

IDOL

デジタル声優アイドル、22/7(ナナブンノニジュウニ)のライブイベント『割り切れないライブ~シャンプーの匂いがした~』がグループ名にちなんだ2月27日にディファ有明で開催。

©22/7 PROJECT

観客の期待に満ちた眼差しの中、まずは有名クリエイターの手がけた8人のキャラクター達の“バーチャルライブ”から。

楽曲の世界観を表現した映像の中、デビュー曲『僕は存在していなかった』をパフォーマンス。その映像美に会場が息を飲むと、この後のMCパートでは河野都(cv.倉岡水巴)が「今日一番遠くから来たと思う人?」など観客と会話をする。リアルタイムで繰り広げられるMCに会場のボルテージは一層上がっていく。

そして藤間桜(cv.天城サリー)の「皆さん、私たちとレジスタンスになってくれますか?」という呼びかけで、リアルライブでのみ披露されていた激しいダンスが特徴の22/7の人気曲『地下鉄抵抗主義』をパフォーマンス。

続くMCでは、練習帰り、MV撮影の話など、まさに彼女たちの生活が垣間見える内容。そしていよいよセカンドシングル『シャンプーの匂いがした』の初披露となる。

この曲は滝川みう(cv.西條和)と立川絢香(cv.宮瀬玲奈)が主人公の、“伝えることすらできなかった淡い憧れ”がテーマとなった楽曲。

既に公開されている新ビジュアルは桜の絨毯の上に横たわる8人が描かれていたが、ライブでも淡い世界観の中、春らしい軽快なメロディとかわいらしいダンスに会場の視線は釘付けであった。

続いては11人のメンバーによる“リアルライブ”。

新衣装に身を包みステージに現れた11人は立て続けにセカンドシングルに収録される新曲『やさしい記憶』『叫ぶしかない青春』をパフォーマンスし、その難易度の高いダンスと表現力に観客は惜しみない拍手を送った。

パフォーマンスから一転、和やかなMCから『僕は存在していなかった』へと続き、さらに盛り上がるディファ有明。

同じ楽曲を“バーチャル”と“リアル”で楽しめるのは、まさに22/7のならではの新しいエンターテインメントと言える。そして“リアルライブ”の最後の曲も、もちろん『シャンプーの匂いがした』。「外は寒いですが、今日ここディファ有明に春がくるよう精一杯歌います!」という花川芽衣の言葉通り、会場は暖かい空気に包まれるパフォーマンスとなった。

鳴りやまないアンコールにこたえて11人が再びステージに登場すると、一人ずつ今日のライブで感じた想いを語る。涙をこらえきれず各々の言葉を語る11人。

花川芽衣は「あの時オーディションをうけてよかったです。これからもよろしくおねがいします。」と深い感謝の気持ちを述べ、そして『11人が集まった理由』でライブは幕を閉じる。

歌詞の「夢はいつでも 僕らの前にある」という言葉の通り、22/7の可能性を十分に感じられるステージとなった。

しかし、ここで終わらない22/7は、ステージ上のスクリーンに『シャンプーの匂いがした』music video short ver.という文字がうつしだされ、先程まで歌い踊っていたキャラクター達のMVが初公開。こちらは2月28日(水)正午より、22/7 OFFICIAL YouTube CHANNELにて期間限定公開される。

さらに3月10日(土)から『割り切れない集い-演劇編-』と題したイベントがレコード店で毎週末行われること、そして、ファンの熱いリクエストに応えて5月26日(土)の個別握手会の日程が追加になること。4月11日発売のセカンドシングル『シャンプーの匂いがした』を携えて来たる春に向かいさらに加速するその活動から目を離すことができない。


■22/7 『シャンプーの匂いがした』MV Short Ver.

【22/7(ナナブンノニジュウニ) OFFICIAL YouTube CHANNEL】
https://www.youtube.com/c/227SMEJ
【22/7(ナナブンノニジュウニ)オフィシャルHP】
http://www.nanabunnonijyuuni.com/
【22/7(ナナブンノニジュウニ)スタッフtwitter】
https://twitter.com/227_staff

©22/7 PROJECT