【シブサンメンバーにインタビュー】竹内渚沙、神崎沙穏、小林紗良が語るブルークラス

【シブサンメンバーにインタビュー】竹内渚沙、神崎沙穏、小林紗良が語るブルークラス

BLUE CLASS

左から:小林紗良、竹内渚沙、神崎沙穏

プラチナムプロダクション所属の小学生~高校生のメンバーによる大型育成見守りプロジェクト「Shibu3project」(シブサンプロジェクト、以下シブサン)。それぞれイエロークラス、ピンククラス、グリーンクラス、ブルークラスという4つのパフォーマンス部門とアクティング部門に分かれ活動しています。
今回登場いただいたのはブルークラスから竹内渚沙(たけうち なぎさ)さん、神崎沙穏(かんざき さおん)さん、小林紗良(こばやし さら)さんの3人。ブルークラスでの過ごし方や、普段の遊び、ライブについてなどお話をうかがってきました。

INTERVIEW

──まずはブルークラスについてはどういったクラスになりますか?

竹内:とにかく、みんな元気だよね?

神崎:一人一人の個性がすごく強くて。

小林:面白い!

神崎:みんなテンションが高いですね。

──例えば何かエピソードなどありますか?

竹内:みんなダンスが好きだよね?ダンスが好きで、踊りながら話したりとか。

──踊りながら(笑)どんな感じなんですか?

小林:ふざけはじめる…変に踊ってみたりとか。

──レッスンの時ですか?

竹内:そうですね、前とか後とか。

──ブルークラスは派手というか、そういうイメージもあると思うんですけど、それについてはいかがですか?

神崎:んー、そういう子もいるし、清楚な子もいるし、本当に個性がバラバラかな。

小林:幅広いです。

神崎:バラバラだから盛り上がるのかな?

小林:たしかに、面白いよね。

──クラス内で流行ってることはありますか?

竹内:なんか音楽かけ出すよね?それでみんなで歌ったり踊ったり。急に誰かがやり出すとそれにのるっていうか。

神崎:のってく、みたいな。

──団体芸的なことですかね。逆にじっくり話すっていうことは…

小林:全然ない。

──全然ないんですか!(笑)レッスンの話し合いなどは?

神崎:分かんなかったら聞いて、教えあったり。それでも分かんなかったら先生に聞くとか。

──レッスンはレッスンで、という感じですね。それではブルークラスとしてどうなりたいとか、目標はあったりしますか?

一同:ダンスをもっと極めたい。

竹内:かっこいいがテーマっていうのがあって。

──例えばみんなが憧れているアーティストなどはありますか?

神崎:TWICE?

竹内:韓国系のアーティストが多いかも。

──高校のダンス部などでもよく踊られていて人気ですよね。それでは、普段ですが、ブルークラスのメンバーと遊んだりはするんでしょうか?

竹内:カフェ行ってお話…?

小林:写真?おしゃれなカフェとか場所を探して、SNSにアップするとか。かわいいところを教えあったり。

──SNSでアップする時のコツはありますか?

小林:綺麗な背景で撮る。見た瞬間に赤色が入ってるといいってテレビで見ました。

──背景は重要ですよね。SNSと言うとスマートフォンがメインだとは思うんですが、プリントシール機なんかは今の世代の方も使うんですか?

神崎:やります。画像をアプリで保存して、それでシール自体は保管します。

小林:ヤバイですよ、盛れる。

竹内:たまにはって感じで、撮ったりしますね

──写真を撮るというより楽しいからっていう理由なんでしょうか。それではブルークラスのお話に戻って、クラスの特徴とか楽しい瞬間と言えばどんな時でしょう?

神崎:特徴というか、ファンのみなさんとの距離が1番近いクラスかな?

竹内:そうかも。楽しいのは、やっぱりダンス踊ってる時が楽しいです。練習をがんばって本番でやるのは達成感ありますね。

──フェスにも出演されましたが、感覚が違ったりしましたか?

神崎:いつもとは違うお客さんも多いので新鮮でした。それで特典会とかライブに新しい人がくると嬉しいですね。

──良いアピールができると嬉しいですよね。ところでダンスのお話が多いですが、歌に関してはいかがでしょう?

一同:…。

小林:ダンスがメインです。

一同:(笑)

竹内:ライブ中は髪の毛が気になっちゃう(笑)

小林:歌もダンスも毎回全力を出すというのは気をつけています。

──それでは、さきほどのお話にも出ましたが、ファンの方とのエピソードなどについて教えてください。

竹内:特典会で今日はどうでしたか?って言って楽しかったよって。今日よかったよって言われるのは嬉しいですね。ヤー!ってなる。

──なるほど。それでは、最後にそれぞれ個人としてでもクラスとしてでも何かメッセージなどあればお願いします。

竹内:これからもダンスを上手くなって、さらに仲良くなって他のクラスに負けないようなパフォーマンスをみせたいです。

神崎:技術を上げて、シブサンの中でもすごいって思ってもらいたい。もっと有名になってたくさんイベントに出たいし、大きなステージに立ちたいです。

小林:パフォーマンス力を高めて、新しいお客さんに来てもらえるようになって、それでみんなに「今日楽しかった」って思ってもらえるようなライブをしたいです!

──本日はありがとうございました!

来年に向けてさらに活動の幅を広げていくシブサンのメンバーたち。伸び盛りの彼女たちのこれからにも注目です!