Skip to content

Published in: INTERVIEW

“わたしのすきなもの” AIS 磯前星来編 ~星来とホンキのダジャレ道~

MIKAN編集部がお送りする「2017年・夏のAIS -All Idol Songs- 特集 ~ And It's Summer ~」では、アイドルファンの記憶に残り語り継がれる「21世紀以降のアイドルソング」を現在、そして未来に歌い継いでいくAIS -All Idol Songs- のみなさんに個別インタビューをさせていただきました。

テーマは“わたしのすきなもの”

今回登場いただいたのは、AIS“ちび~ず”の一人でもある、ダジャレ愛好家の磯前星来さん。メンバーや自身についての話題も交えつつ、ダジャレへの目覚めについてや、これからの展望などを語っていただきました。

後半にはAISカバー楽曲・AIS動画の中から磯前さんのお気に入りの一つも。

それでは、「わたしのすきなもの・磯前星来編」お楽しみください。

~ わたしのすきなもの ~

──本日はよろしくお願いします。まず始めに性格など、磯前さん自身についておうかがいしたいのですが

よく食べます。食べ物を見たら目線がそっちにいっちゃう(笑)

──好きな食べ物などはありますか?

嫌いな食べ物以外は何でも。嫌いな物はバナナとセロリと、あと最近キャラメルも嫌いだと発覚しました。キャラメル味の物もダメです。出てきてテンションが上がるのはお刺身とスパゲティと、あとは和食が好きなのでご飯ですね。朝は絶対和食です!

──なるほど、食べることが好きなんですね。ではAISメンバーの中で自分はどういう存在だと感じていますか?

AISでは1番年下なので妹と思われがちですが、萌(朝熊萌)ちゃんを「カワイイー」ってよく言っちゃいます(笑)身長も伸びているので“ちび~ず”では(島崎友莉亜、朝熊萌、磯前星来の3人)長女ですね

──磯前さんから見たAISの印象についてもお聞かせいただけますか?

すごい元気一杯です。レッスン前とか、ライブ後でもみんなで騒いでいます。特に何かするわけではないんですけど、おしゃべりして盛り上がっています

──みなさん笑顔が素敵ですよね。それではこの企画のテーマである “わたしのすきなもの” なんですが…今回はダジャレ。磯前さんがダジャレを言い始めたきっかけとはなんだったんでしょう?

ある日突然目覚めたんです。候補生の頃は全く言っていなくて、AISになってからダジャレは言いはじめました

──すると、わりと最近なんですね。では、気付いたきっかけなどはありましたか?

喋ってたら偶然ダジャレを言っていました

──それはもしかしたらダジャレの天才なのかも。思いついたものを書き留めていたりなどしていますか?

以前はダジャレノートをつけてスタッフさんに渡していたんですけど、最近はやっていないですね。覚えていられるものは覚えてます

──ちなみに今、お気に入りのダジャレをお聞かせいただくことはできますか?

はい、日比谷でライブをやった時に言った「これは日比谷のヒビや(日比谷)」。あとは「麹町で工事待ち(麹町)」とか。最初の方に思いついたのは「パンダのパンだ(パンダ)」ですね

──なるほど、パンダについては初期作品という雰囲気がありますね。「ネコが寝転(ネコろ)んだ」のような

「車にくるま(車)る」みたいな

──それでは、こちらにダジャレについて少し調べてきた物があるんですが、色々な形式についてなど気になる物はありますか?

この日本語と英語をかけるのは言ったことはあるんですけど、難しいですね。区切りを変えるのも難しそう

──「パン作った」と「パンツ食った」などですよね。対話形式の物なんかは落語のようでもあります

あ…星来、落語もいけるかも知れない…

──いいですね!好きになるかもしれないですよ

聴いてみます!あ、笑点は好きです。家でテレビがついてるのをそのまま見ていて…面白いですよね(笑)ふなっしーのモノマネをして座布団を取られるヤツが好きです

──つまり大喜利のコーナーですよね。演芸もありますが大喜利が好きですか?

見てると面白いのでどれも好きです。でも、落語は勉強にもなりそうだし、やってみたいですね。…あ、これ気になります

──コミックソングですね。コミックソング自体は御存知ですか?

んー、分からないです。ダジャレの歌があるんだーって思って

──コミックソングは幅広くありますので、こちらも調べてみると面白いかも。それでは、磯前さんのダジャレに対してメンバーの反応などはいかがですか?

絶対内心は面白いと思ってるんですよ!「えー、さむいー」とか言ってくる時もあるんですけど、笑ってくれる時もあります。ちゃんと判断してくれるので嬉しいですね

──さきほどお聞かせいただいたものは、素直に面白いと思います。ダジャレというと、言葉の勉強なんかはするんですか?

学校で朝読書っていうのがあるんですけど、そこで本を読むくらいですね

──ちなみに最近だと何を読みましたか?

又吉(又吉直樹)さんの『火花』です。有名だから読みたくなって、めっちゃ面白かったです

──なるほど、ダジャレ、落語、読書と国語的な世界で広がっていくと良さそうですね

でも、次はコミックソングも。いつかコミックソングは作りたいですね

──それはぜひ、聴かせていただきたいです!最初はお客さんも戸惑うかも知れませんが、最終的には盛り上がるはずですよ

最後までポカーンだったら解説を入れないと(笑)

──(笑)笑いの解説は恥ずかしいですが、きっと分かってもらえると思います。実際ダジャレについてファンの方の反応はどうですか?

特典会の最後に毎回ダジャレを言うんですけど、みなさん盛り上がってくれるので嬉しいです。たまに間が空いてから盛り上がるので、その時は解説を入れないとですかね?

──一度考える間があっての笑い、もジャンルの1つですので、それはそれで良いのではないでしょうか

一応、解説も入れてはいるんですけど(笑)

──優しさですね(笑)では、それも含めて、お客さんのそういう反応は嬉しいですか?

嬉しいです!もう超嬉しい。時間の関係で言えない時に「えー」とか残念がってくれるのも嬉しい

──特典会ではどうですか?

急に「ダジャレ言って」って言われる時もあって、嬉しいんですけど「どうしよう」って思っちゃう。お題を出してくれるとやりやすいんですけど

──突然は野口五郎さんクラスの実力がないと難しいですよね。それではダジャレを活かしたような今後の目標などはありますか?

あ、武道館でコミックソングやりたいですね(笑)あとは、ダジャレを言っているアイドルさんとお話がしたいです

──ダジャレアイドルって他にどなかいるんですか?

アイドルネッサンスの比嘉(比嘉奈菜子)さんが師匠です

──なるほど、お師匠さんなんですね、まさに落語界というか…。2人での武道館も見たいです

でもダジャレばかりだと間がもたなそうですよね。やっぱりコミックソングも上手くまぜないと

──大喜利のコーナーも必要ですよね。なぞかけも覚えておくといいかも

なぞかけってすごく難しそうです

──やはり慣れや練習なんでしょうか。とても難しく思いますが、それではダジャレから離れて、グループや個人としての夢などありますか?

外国でライブとか。台湾でライブがしてみたいです。日本でも沖縄、北海道をぐるっと回っていきたいですね。あと、地元が埼玉なんですが、さいたまスーパーアリーナも

──それは大きな夢ですね、期待して待っています。と、いったところでそろそろお時間なのですが、最後に一つせっかくですので、埼玉でダジャレをお願いできますか?

埼玉で咲いた~(埼玉)

──よろしいでしょうか…?

もっと考えておきます!(笑)

──(笑)それでは本日はありがとうございました

わたしのすきなカバー曲

■ナビが壊れた王子様 (LOVE CHANCE)
・磯前コメント
可愛い歌詞で、可愛い振付で女の子らしい感じが好きです。 振付が簡単なので、みなさんと盛り上がれるところも好きです。

・楽曲詳細
原曲歌手は松浦亜弥。2003年1月29日発売のの2枚目のアルバム『T・W・O』(ティー・ダブリュ・オー)に収録されている。作詞・作曲はつんく♂。

※AISのカバー楽曲の中からお気に入りの楽曲をセレクトしていただきました。

わたしのすきなAIS動画

※AIS Channelにて公開中の動画からお気に入りの動画をセレクトしていただきました。

■LINK
AIS -All Idol Songs- OFFICIAL SITE:http://allidolsongs.com/
AIS -All Idol Songs- OFFICIAL TWITTER:https://twitter.com/allidolsongs

ykocho1 403

<MIKANの夏特集>
2017年・夏のAIS特集
~ And It's Summer ~