Skip to content

Published in: INTERVIEW

巷で話題のMash BerryサポートメンバーMCMを直撃!!突如一時帰国したひめなの伝言とは…?

ウクライナと日本のハーフ二人組、ひめなとななみによる小学生最強ラップアイドルユニット「Mash Berry」に、突如として登場したサポートメンバーMCM。

予告なしの突然すぎるひめなの一時帰国により、動揺を隠せないスタッフ・プロデューサーの前に現れた、まさに救世主のような彼女だが、その経緯とはいったいどのようなものだったのか?

以前はバーバ⁂ヤーガとしてアイドル活動もしていたMCM=ちよこ。

プロデューサーの回想を交えつつ、話をうかがった。

─ Mash Berryプロデューサーの回想 ─
ひめなが急遽帰ることになり、「あ、しまった」と思ったんですが、実はひめなが帰る前に僕のバッグの中に電話番号が書かれた紙を残していたんですよ。それでその番号にかけてみたらMCMにつながって…。すると「話は全部聞いている。俺が歌ってやるから心配するな」と。それでお願いしたんですよ。全てのやり取りが1分くらいで終わりました。

左から:ひめな、ちよこ、ななみ

──といったお話もあるんですが…

ちよこ(MCM):んー、音源なんかは聴いていましたし、何かあればいつでも出られる状態にはしておいていましたね

──なるほど、今後についてもタイミングがあればMCMは登場するんでしょうか?

ちよこ(MCM):ピンチの時にかけつける、という感じです

──MCMというか、ちよこさんはバーバ⁂ヤーガとして活動していましたが、このままアイドル活動は続けられていく予定ですか?

ちよこ(MCM):何もしないのも耐えられないので、ソロだったり、なんか色々できたらいいなって思っています

──今回のMCMとしての活動についてはいかがでしょう?

ちよこ(MCM):思ったよりはちゃんとやれてるかな?二人にひっぱっていってもらってる感じなんですけど

──お話をもらった時はどういう気持ちだったんですか?

ちよこ(MCM):前のグループで求められていたことと全然違うとは思うんですが、単純に面白そうだと思いました。ファンの方からは「どういうことなの?」みたいなことは言われましたが(笑)まぁでも、サポートなので。ただ、これで興味を持ってくれた人もいたのでそれはよかったと思います

──ラップや、Mash Berryの二人とライブすることについてはどうですか?

ちよこ(MCM):自分がやるという聴き方でラップに触れることはなかったので、練習は難しかったですね。あと、自分はけっこう頭が固いほうだと思ってるんですけど、アドリブとか二人とやることでだんだん出てきたのかなっていうのはあります

──それでは、今後についてですが、ちよこさんとしてはどういう展開になっていくんでしょう?ソロ活動なのか、再びアイドルグループとしてなのか

ちよこ(MCM):どちらかというとグループでやりたいと思っています。今はソロでもとか、色々考え中です

同席していたMash Berryの変顔と笑い声が交錯する中、ゆっくりと言葉を選びつつ話してくれたMCM。そしてインタビュー後に思わずもらした「Mash Berryの運営キモイ」の言葉。その真相とは?

いずれにせよ、彼女の今後の展開には目が離せない!!

■LINK
ちよこ(MCM) OFFICIAL Twitter:https://twitter.com/J_chiyoco
MashBerry OFFICIAL Twitter:https://twitter.com/mashberrynow