Skip to content

Published in: intokyo

intokyo #3 _ NOZOMI ( from \C.C.F/ )

LocalからIn Tokyoするアイドル・アーティストの一日の様子を素朴にするお届けする連載企画「intokyo」。

第3回に登場してくれたのは、京都出身で現在\C.C.F/として活動中のNOZOMIさん。

この日は\C.C.F/が主催として開催しているイベント「#LGTM」の第2回目ということで、お忙しい中お話をうかがわさせていただきました。

・NOZOMI INTERVIEW

──よろしくお願いします。まずは\C.C.F/についてですが、音楽のジャンルとしてはどういったスタイルなんでしょう?

NOZOMI エレクトロ、Jポップとか、表現がむずかしくて、色々とまざっているんですけど…一番近いのはエレクトロポップなのかな?

──楽曲の中にはラップなどもありますが、NOZOMIさんは馴染みのあるジャンルだったんでしょうか?

NOZOMI 最初ラップをやるとは思っていなかったし、まったく聴いてこなかったジャンルでした。なので最初はRIP SLYMEさんとかCharisma.comさんとかの練習から始まって「え?ラップすんの?」って、そこからのスタートでした。でも、今まで関わる機会がなかったので、この二組のようなポップなものもあるんだと知って好きになりました。

──U.S.A.G.Iさんの方がラップ担当、ということでもないんですか?

NOZOMI 最初は私が歌、U.S.A.G.Iがラップ、という形でもあったんですけど、パートが二人で固まっちゃうとちょっと面白みがないかなって。

──U.S.A.G.Iさんが歌うというパターンも出てきますか?

NOZOMI (笑) U.S.A.G.Iさんは多分歌えないですね。

──楽曲についての印象はどうお持ちでしょうか?

NOZOMI USAGI DISCOさんに作っていただいているんですけど、そうですね。私に合いそうな形で出していただいた中で今の“ゆるラップ”もあるんですけど…。なんかね、曲調を全部同じにはしたくないんですよ。私自身が同じアルバムをずっと聴けないタイプで、自分でも聴けるように。\C.C.F/は色んな人に知ってもらいたいというのもあって、色んな要素を取り入れて広がりを持たせています。

──アーティスト・モデルなど、NOZOMIさんは何々志望といったことはあるんですか?

NOZOMI 元々はアイドル志望だったんですよ。アーティストだと歌、っていうイメージがあって、全体で表現するみたいなことだとアイドルが近いのかなって。パフォーマンスだけじゃなくて、例えばデザインで表現するとかも含めて世界観を伝えたいんです。

──アイドル的なことをしたいという意味のアイドル志望ではなかったんですね。それでは東京と関西の違いなどについてもお聞きしたいのですが。お客さんについてはどういう印象を持たれていますか?

NOZOMI 東京だと、お客さんがどこにも属していないイメージがあって受け入れてもらいやすいというのを感じますし、関西は受け入れてもらえるとすごくあたたかいんですけど、そうなるまでが難しい印象があります。それと東京の人は情報に敏感な人が多いですね。

──物販での会話などでも感じますか?

NOZOMI 新しい音源ないの?って聞いてくれる人がほんとに多くて、それがすごく嬉しいです。

──なるほど、街の違いなどは感じますか?

NOZOMI 私、東京では人が多くて避けることに必死で、人の顔を見れないんです。スクランブル交差点がななめに渡れないとか。後、広告とか情報の多さ。関西で都会と思っていたもののレベルが違いすぎてカルチャーショックを受けました。

──たしかに自分が上京した時もスケール感の違いに圧倒されました。

NOZOMI ほかにも渋谷とか眠らない街って本当なんだなって。深夜0時からスタートって感じ。誰がいつ寝てるのって、みんなが動いてるから眠ってる感が無いんですよね。関西だと20時くらいから暗くなってきますね。明るいのは居酒屋かカラオケか。帰らないと、ってなりますね(笑)

──人間的には正しいような気がします(笑)

NOZOMI オールナイトのイベントも普通にありますし、お客さんがすごいなって思います。

──みなさんのタフさって本当そうですよね。それでは、\C.C.F/としての今後の展開などもお聞きしたいのですが。

NOZOMI 7月で1年になるんですよ。半年が過ぎた頃からようやく形が見えはじめたかなって感じで1年という感覚は無いんですけど、そこからまた新たなステージにいきたいなと思っています。「#LGTM」だけじゃなく、イベントの幅も広げていきたいし、うん。フェスにも出たいですね。サークルできてるのとか客観視したい。

──客観視ですか?

NOZOMI 私、ステージとかでも客観視するのが好きなんですよ。お客さんが楽しそうとか、それが楽しいんです。わりと冷静です。それで、ステージとしてはもっと広い会場だったりとか、今まで呼べなかったアーティストの方を呼べるようになったり、逆に呼んでもらえるようになるのも目標ですね。地道にですけど。自分たちが信じているものを推し進めていけば、どこかで誰かに見つけてもらえると思うので、それをやっていきたいです。

・LIVE and MORE

インタビューの後はライブへ。出番までは他の出演者の様子など見学したりなど本番への気持ちを高めます。

※「#LGTM 02」ライブレポ:http://mikan-incomplete.com/report/8384

終演後には物販でも明るい笑顔で、CDや新しくラインナップに加わったTシャツなど訪れた方と楽しく言葉を交わします。終了時間がくるとフロアで挨拶も行い、大きな拍手でお開きとなりました。

その後も主催として、会場の片付けなども行い、長かった一日を終えます。満足感と充実感と疲労感のある良い表情のNOZOMIさん。

\C.C.F/としては主催イベント「#LGTM」に加え、今年は様々な展開が広がってきそうな予感。このタイミングで蒔かれた種が、どのような花になり、実を結ぶのか。楽しみにその時を待っていたいと思います。

<Soundcloudにて『WTH』など楽曲公開中!>

■関連記事
#LGTM 01ライブレポ:http://mikan-incomplete.com/music/5067
#LGTM 02ライブレポ:http://mikan-incomplete.com/report/8384

連載・intokyo:http://mikan-incomplete.com/category/intokyo

■LINK
\C.C.F/ Twitter:https://twitter.com/C_C_F_P
NOZOMI Twitter:https://twitter.com/yokosnozomi