Skip to content

Published in: MEDIA

クックルン・イチゴ役でお馴染み牧野羽咲も登場!毎週金曜「パックン&河北麻友子のあつまれ!VRフレンズ」放送中!!

VRで渋谷が遊園地に!?毎週金曜日よる7:00から放送。日本初のVRエデュテイメント番組!「パックン&河北麻友子のあつまれ!VRフレンズ」。
 

 

子どもたちにITやエンジニアリングの世界を身近に感じてもらうのをコンセプトとし、番組MCは共にバイリンガルでマルチな活躍を見せるパックンことパトリック・ハーランと河北麻友子。番組の後半で展開されるパックンオリジナル企画「ミラクルフレーズ」は楽しく簡単に英語が学べる注目のコーナーとなっている。ナレーションは春名風花、オープニングテーマ曲は新潟発のNegiccoが担当。さらにエンディングテーマは期待の新人MAMがつとめ、番組を盛り上げてくれる。

今回の収録を終えた、パトリック・ハーランは「僕もVR初心者ですが、みんなと一緒にバーチャルの世界を冒険させて頂いて、この先の探検がすごく楽しみになった」と、今後の展開にも期待を抱いた様子で、さらにオリジナル企画「パックンのミラクルフレーズ」には「楽しいですよ。僕が15年前から推してる教え方ですからね。細かく正確に学ぶというよりも、ちょっとバカで楽しい覚え方のほうが身につくんです。少しでもこの番組から広がって、日本の英語に対する、怖いとか難しいという概念が変わったら嬉しい。」と新たなる目標も語ってくれた。

河北麻友子もミラクルフレーズのコーナーに「少しでも子供たちに楽しく英語を覚えて欲しい。あと、麻友子先生って呼ばれるのは、多分ここで最初で最後だと思うので、麻友子先生をもっと浸透させたい」と意欲を見せる。

番組の目標として最後に河北麻友子は「この番組を気軽に楽しく見てもらって、VRと英語を好きになって、少しずつ身につけてもらえればいいなと思います」と語り、パトリック・ハーランは「バーチャルリアリティっていうのは二つの意味ですごい技術だと思います。何でも作れるっていう“創造”と何でもイマジネーションできるっていう“想像” この二つの力をさらにつけることができるんですよね。それを僕らが目撃して、番組を見てくれる人もやってみたいなーと、思う方が増えてくれれば、日本のリアリティを、VRの世界を通して少しでも良く変えて、豊かに楽しくする。バーチャルリアリティはそういう力を持っていると思うんですよ。“創造”と“想像”を活かして“楽しいVRとリアリティの世界”を広げて行きたいなと思っています。」と熱く語ってくれた。

なお同番組はリアルタイム配信サイト「エムキャス」でも視聴可能。番組放送と同じタイミングでサイトにアクセスしよう。
エムキャス サイト:https://mcas.jp/

 


 

■DATA


「パックン&河北麻友子のあつまれ!VRフレンズ」
日時:毎週(金)19時00分~19時30分
放送:MX TV
番組HP:http://s.mxtv.jp/variety/vr_fri
出演者:
パトリック・ハーラン
河北麻友子
VRフレンズ(枝龍星、岡本桃花、牧野羽咲)

ナレーション:春名風花

OPテーマ曲:
We are VR friends! / Negicco

EDテーマ曲:
Have A Nice Day / MAM