Skip to content

Published in: MEDIA

『ギター・マガジン2017年3月号』はJAZZFUNK!Suchmos・TAIKINGインタビューも掲載




音楽専門誌『ギター・マガジン2017年3月号』が2017年2月13日に発売。3月5日には今回のジャズファンク特集を記念したリリースパーティーも決定している。

■特集 洗練された悦楽グルーヴ JAZZFUNK〜進撃のジャズファンク


ダンサブルな要素を取り入れるのが当たり前になったロックやJ-POPにおいて、主役はウネるベースやドラムとなり、ギターに与えられたポジションはカッティング職人的なものへと変化しつつある。

しかし、今回の特集に登場するのはジャズファンクギターの名手たち。DJによって再発掘されたギター・インスト・ミュージック=ジャズファンクのファンキーなギタリストたちの物語が語られる。

■Featured Guitarists TAIKING(Suchmos)

現在、様々なメディアに取り上げられ人気が加熱するSuchmos。ヒップホップ、ディスコ、ソウル/ファンクなどブラック・ミュージックの要素を基盤に、彼らならではの“ストリート感”をミックスしたサウンドは日本のミュージック・シーンにおいて特別なグルーヴを放つ。

今回2ndフルアルバム『THE KIDS』をリリースしたSuchmosから、ギタリスト・TAIKINGが登場。機材紹介、奏法分析にくわえ、ギタリストよりも編曲家に影響を受けたという、ユニークな視点からのギター観は注目だ。

■The Instruments 今こそグレッチを鳴らせ~新たなる2大シリーズが示す針路


創業から134年を数える老舗・グレッチは今、明らかに変わりつつある。50~60年代のビンテージを再現しつつ、現在のプレイヤーが使いやすい実用性を兼ね備えた”Vintage Select Edition”、そして、その実用性をさらに特化させ、アグレッシブに進化した”Players Edition”の現代性。

グレッチがロカビリーやカントリーのみにマッチする楽器というイメージを超え、誰もがどんな音楽でもチャレンジできる時代を迎える。

■イベント開催決定!

今月のジャズファンク特集を記念して、出演バンドもDJも“1日中ジャズファンク・ギターを聴かせまくる”というテーマを掲げたイベントを開催! 竹内朋康カルテット、山内洋介率いる13souls、そしてDJには黒田大介も登場。ギタマガのTwitterやFacebookでも随時、情報を配信していく。

Guitar Magazine Presents
JazzFunk Night
【日時】2017年3月5日(日)
オープン18:00/クローズ23:00
【場所】THE ROOM(渋谷)
【チャージ】2,000円(ドリンク別)

【出演バンド】

・竹内朋康カルテット
竹内朋康(g)、栗原(sax)、タケウチカズタケ(k)、みどりん(d)

・13souls
山内洋介(g)、池田憲一 a.k.a. ROOTSOUL(b)、中村新史(k)、福森康(d)

【出演DJ】

黒田大介(Kickin’)、竹内朋康、小林“Bobsan”直一(Mountain Mocha Kilimanjaro)、ギター・マガジン編集部、他

 


 


『ギター・マガジン 2016年2月号』
表紙:グラント・グリーン
発売:2月13日
定価:(本体762円+税)
仕様:A4変型判/234ページ
詳細はこちら:http://www.rittor-music.co.jp/magazine/gm/

Twitterアカウント:https://twitter.com/guitarmagazine1
Facebookページ:https://www.facebook.com/guitarmagazinejp/