Skip to content

Published in: MEDIA

2月13日発売の『WIRED』日本版Vol.27は「Before and After Scienceサイエンスのゆくえ」




2月13日発売の雑誌『WIRED』VOL.27の特集タイトルは「Before and After Science サイエンスのゆくえ」。

人類に自由や進歩や豊かさをもたらしてくれるはずだった「科学」は、いつしか人や科学自身を、窮屈な機械論的世界のなかに閉じ込めてしまった。「科学」は、いかにしてみずみずしさと驚きを取り戻すのか。

特集は、テクノロジーと科学の関係を見つめてきた科学哲学者・村上陽一郎のロングインタヴューを収録。さらに、この先科学は豊かさに満ちた「未知の世界」とどう向き合うのか、蔵本由紀、長沼伸一郎、北野宏明、宇川直宏、ピーター・ペジックの5人の賢人に訊いた。

民俗学者の畑中章宏は柳田国男とガストン・バシュラールの火の考察から、もうひとつの「科学史」を問い直す。

『フンボルトの冒険』の著者であるアンドレア・ウルフのインタヴューも掲載。

京都大学学際融合教育研究推進センター准教授・宮野公樹とゲーム作家・山本貴光が「サイエンス」の本来を問う。

特集「Before and After Science サイエンスのゆくえ」

村上陽一郎

■科学はどこからきて、どこへいくのか:科学哲学者・村上陽一郎との対話
テクノロジーと科学の関係を見つめてきた科学哲学者・村上陽一郎は、科学を「ユニークソリューション」として捉えてはならないという。科学が向かわなかった道とその行先を、自らの人生とともに振り返るロングインタヴュー。

■神の鋏、CRISPR-Cas9:遺伝子編集・科学とビジネスと倫理の迷宮
2012年、カリフォルニアのふたりの女性生物学者が発表した論文は、種の運命を変えるだけでなく、莫大な富と権力をもたらす“神の御業”だった。この革命的な科学技術がもたらす“力”をめぐる骨肉の争いは、もはや誰にも止めることはできない。

アンドレア・ウルフ

■『フンボルトの冒険』の著者、アンドレア・ウルフに訊く:わたしたちは、フンボルトの眼から
もう一度、世界を新しく見つめなおすことができる
科学の専門化以前の世界で「科学界のシェイクスピア」と呼ばれたドイツ人科学者、アレクサンダー・フォン・フンボルト。彼が生涯をかけて実践した人々の心に語りかけるストーリーとしての科学から、いま、わたしたちが学ぶべきこと。

■飛びたたぬ梟たちのために:21世紀の「学問」論:宮野公樹×山本貴光
大学はかつて「学問」の場所だった。そこでは世界を理解するための“知”が、羽ばたく瞬間を待っていた。哲学から大学が遠ざかり、たこつぼ化が叫ばれるいまこそ「サイエンス」の本来を問い直す必要がある。京都大学学際融合教育研究推進センター准教授・宮野公樹とゲーム作家・山本貴光がオルタナティヴな知の殿堂、京都大学で相まみえた。

ルパート・シェルドレイク

■美しき異端:独立科学者、ルパート・シェルドレイクの肖像
かつて科学界のメインストリームから「もっとも危険な科学者」と糾弾されたルパート・シェルドレイク。以来30年以上にわたって、これまで科学が見て見ぬ振りをしてきた「日常に潜む不思議」に迫ってきた博士の姿から、いま、わたしたちが学ぶべきこととは何か?

■遠野へ:柳田とバシュラールと火の科学史
科学的実証のない民話や神話は、現実ではないと言ってよいのだろうか。柳田国男とガストン・バシュラールの「火」の考察を手がかりに、民俗学者・畑中章宏が探るもうひとつの「科学史」の可能性。……and more!

 


 


amazon:http://amzn.to/2lHSLg3

■LINK
Twitter:https://twitter.com/wired_jp
Facebook:https://www.facebook.com/WIRED.jp
LINE:ID「WIRED JAPAN」を検索
Google+:https://plus.google.com/+WIREDjp