Skip to content

Published in: INTERVIEW, MUSIC / ACT

次世代アコギガール・門脇更紗にインタビュー!10代SSWは意外とEDMが好き??新MVも公開!

先日発売されたミニアルバム「You and I」も好調の10代シンガーソングライターの門脇更紗さん。

『MixChannel』にて開催した井上苑子主催コンテスト『いのうえ夏祭り2017出演権コンテスト』でも受賞するなどじわじわと、その知名度を上げています。

今回はそんな更紗さんにお話をうかがってきました。

ミニアルバム「You and I」についてや、音楽をはじめたきっかけなど、ステージ上の姿とはまた一味違った彼女の魅力に迫ります。

──本日はよろしくお願いします。まずは更紗さん自身についておうかがいしたいのですが、ギターを始められたきっかけなど教えていただけますか?

ギターは10歳の時に触れました。元々クラシックバレエを8年間やっていたんですけど、自分に合わないと気付いて辞めたんです。それで8年間習い事をしていたのが、急に無くなってしまって心にポッカリと穴が開いたような気持ちになって、、、そんな時に、母がYUIさんが好きならギターやってみたら?って。それでキッズギターから触れるようになりましたね

──というと音楽に目覚めたからというわけでは無いんですね

最初は趣味程度にやっていました。でも、中学生になってからは音楽の世界に行きたいなと思うようになりました

──そう思うきっかけって何かありましたか?

いつの間にかですね(笑)気付いたらそう思うようになっていました

──自己表現したいという気持ちが自然に溢れてきたんでしょうか。今はお一人ですが、バンドなどには興味はありますか?

父がバンドをやっていて、自宅にはエレキギターもありますし、バンドの曲も聴きますが、自分で音楽をやるなら、ソロの活動がいいかなあと思っています

──なるほど、では作曲を始めたのはいつ頃になりますか?

中学2年生頃です。『to look up』という曲なんですけど、投票制みたいなオーディションで落ちてしまった時に作った曲です。色んな人が協力してくれたことへの申し訳なさもあり、ただ、それでも上を向いていこう、という意味を込めました

──制作はどういったアプローチで進んでいくんでしょうか?例えば目標の形などがあったりするんでしょうか?

ある時もあります。洋楽に辿り着いてからテイラー・スウィフトのコードなどを勉強しました

──たしかに更紗さんの音楽には洋楽の雰囲気もありますよね。では、特に今聴いているアーティストなどいれば教えていただけますか?

どちらかといえば、女性より男性が多いですが、ブルーノ・マーズとかジャスティン・ビーバーとかマルーン5などです

──なるほど、意外とダンスミュージックとかポップミュージックなんですね

子供のときに、ハイスクールミュージカルの曲が大好きだったんです。洋楽に触れたのがそこからだからかも。それと、以前はEDMには全然興味無かったんですけど(笑)いや、違うんです、聞いてください(笑)ザ・チェインスモーカーズさんを聴いた時にめっちゃくちゃこれ好きや!と思って、EDMに目覚めました。ザ・チェインスモーカーズさん、めっちゃ好きです!

──EDMと言うとブルーノ・マーズが参加したマーク・ロンソンの『Uptown Funk』もEDMを意識しているという話もありますね

好きです好きです!部屋でガンガンかけてます(笑)

──ご自身の楽曲とは真逆ですよね

そうですね。洋楽だと、自分で作るものとは全然違うものを好みますね。自分が好きなものだけよりも、そうでないものからの方が、得れるものも多いのかなって思います

──洋楽は歌詞にも影響はありますか?

ありますね。英語はわかんないんですけど(笑)ブルーノ・マーズの歌詞とかメチャクチャいいですよ。バラードのものとか

──なるほど今度チェックしてみます。それでは今回のミニアルバムについてですが、いかがですか?アレンジされた楽曲の印象などどうでしょう?

初めてアレンジしていただいたので、新鮮な気分でした。CDにはアレンジされた3曲の他に、ラフな状態で一発録りした、弾き語りバージョンも入っているので、聴き比べて楽しんでいただければと思います

──弾き語りバージョンは本当に空間の鳴りだけですよね。同じ部屋で弾き語ってくれているような親近感があります。それでは、最後にこれからの意気込みをおうかがいできますか?

今は少しでも多くの色んな世代の方に認めてもらいたいです。無我夢中で、どんどんパワーアップしていって、有名になっていきます!

■曲について
<and I>
『and I』は男の子目線で、一緒に暮らしていた部屋から恋人がいなくなってしまった、という曲です。私はそんな経験はないんですけど想像を膨らませて書きました。

<僕の夏>
これも男の子目線なんですが、夏らしい曲を書きたくて作りました。彼女が花火を見ている時に、僕の瞳に君が映るんです。付き合う前の、一番いい時のやつです。

<こんなに>
『こんなに』は冬になった時に、切ない曲を書きたくなってできた曲です。ただただ重い曲。(笑)歌詞に、「誰にも言えない口癖」って言葉が出てくるんですけど、心の中の口癖という感じで。

なお、8月22日にはカラフルで素敵な映像の新MVも公開!今後の活動予定はTwitterなどをチェック!

■門脇更紗『僕の夏』

■LINK
門脇更紗 OFFICIAL Twitter:https://twitter.com/sarasaguitar
門脇更紗 MixChannel:http://mixch.tv/u/9647045

門脇更紗 Youtube (門脇更紗(original)/and I):
https://www.youtube.com/watch?v=jULAp0SXZe8