Skip to content

Published in: MUSIC

『サウンド&レコーディング・マガジン2017年1月号』はオヴァルなど「プライベート・スタジオ特集」

d5875-1435-442139-6

 

楽曲制作、DTM、ライブPA、音響設備など、“音楽制作”にまつわる全クリエイター/エンジニアのための月刊誌『サウンド&レコーディング・マガジン』。11月25日発売の『サウンド&レコーディング・マガジン2017年1月号』では毎年恒例となっている人気企画「プライベート・スタジオ特集」が掲載。

 

d5875-1435-474230-2

 

スタジオ全景や愛用機材や音楽制作ツールにまつわるディープなインタビュー。今回は国内外19組のクリエイターが登場。ドイツ電子音楽界の奇才オヴァルを筆頭に、西海岸のビート・シーンを牽引するSTONES THROWのジェイク・ヴィエイター、国内ではダンス・ミュージックの旗手・TeddyLoidやALI&(80KIDZ)、「世界の車窓から」のテーマ曲でおなじみチェリストの溝口肇、インテリジェンスな電子音楽家のmergrimやYui Onodera、ロック・バンドとしてはUKに居を移したThe fin.のYuto Uchino、またJポップ界隈ではBEGINの上地等らが、自慢のプライベート・スタジオを披露している。

 


 

■DATA
d5875-1435-121696-8
『サウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号』
特集:プライベート・スタジオ2017
発売:2016年11月25日
定価:(本体833円+税)
仕様:B5変型判/280ページ商品詳細はこちら
http://www.rittor-music.co.jp/magazine/sr/

<登場アーティスト(順不同)>
オヴァル
上地等(BEGIN)
TeddyLoid
ALI&(80KIDZ)
保本真吾(CHRYSANTHEMUM BRIDGE)
田中隼人
ジェイク・ヴィエイター(STONES THROW)
Dadub
Kuniyuki Takahashi
REBEL MUSICAL
mergrim
Yui Onodera
Yuto Uchino(The fin.)
麗(the GazettE)
小林うてな
KOKIA
ゲントウキ
山田ノブマサ
溝口肇