Skip to content

Published in: REPORT

アイドルネッサンス宮本茉凜、AIS兼任ラストステージ!「以上“AIS”の宮本茉凜でした!」

2017年6月30日、akibaカルチャーズ劇場にてAIS -All Idol Songs- による定期公演「AIS-Scream vol.15 〜約束の場所〜」が開催された。

この定期公演において、2016年6月11日より約1年間アイドルネッサンスと兼任しつつAISのリーダーとしても活動していた宮本茉凜がグループを離れる。さみしさもありつつだが、AISそしてアイドルネッサンスとして、ともにさらなる道を歩むべく表情は希望に満ちたものとなった。

オープニング映像からメンバーが登場すると『お受験ロッケンロール』など3曲を続けて披露。自己紹介で宮本茉凜は「いっぱい笑って最高の日にしたい」と話す。

さらに『ドキッ!こういうのが恋なの?』『キャプテンは君だ』と宮本茉凜がAISとして唯一参加した、1stシングル収録曲を披露すると宮本は「ぜひ買って帰ってください」とはにかむ。

『ZETTAI』『ココロのちず』『桜並木道』とライブは続き、さらなる盛り上がりの中、ここでメンバーから宮本茉凜に手紙が手渡される。

年齢順として磯前星来から一人ずつ宮本に一言を添えつつ渡し、しっかりと抱き合う。涙を流しつつ感謝の気持ちを交換する中、栗原舞優は「いつかAISが大きなステージに立った時は一緒に出演して欲しい。そこを約束の場所にしたい」と伝えた。

全ての手紙を受け取り「最後の公演に何を言おうか考えていたんですけど」と宮本は

「つらかった日もあるんですけど、振り返ってみたら笑って話せるなって思います。この1年間はすごく濃くて、この世の中で生きてる16歳の中で、1番素敵な1年間を送れたんじゃないかなって。AISをすごくすごく大事に思えるようになったのは応援してくれたみなさんと、AISのメンバーのおかげです。1年間、本当にありがとうございました。」と話した。

最後の曲は『約束の場所』。それぞれの想いを胸に大事に歌われると、そのままサプライズでファンからという花束も贈られ「うれしい」とこぼす宮本。あたたかく長い拍手に包まれる中ステージを降り、そしてアンコールの声。

『Like a Shooting Star』で再びステージに戻るとメンバーから口々に「終わりたくない」と声が聴こえるが、それぞれの活動は続くということで、今後、ともに出演するフェスの楽屋などではAISの楽屋に居座ると宮本が話すと会場は笑い。

特典会終了後の最後の挨拶では、毎回お馴染みの磯前星来のダジャレが「また、茉凜さんが兼任解除っていう実感があまり(茉凜)ないんですけど、AISも茉凜さんもがんばっていきます!」と披露されると「“アレ”やりましょう」と磯前考案の宮本の自己紹介「マリンバを叩くのはだれだー!?」「まりんだー!!(ファンの掛け合い)」で大きな拍手。

最後の最後には、ステージに一人「以上“AIS”の宮本茉凜でした!ありがとうございました!」と挨拶し、声援の中、この日の幕を下ろした。

■Gallery

■SET LIST(右は原曲歌手)
 M01. お受験ロッケンロール / 乙女新党
 M02. 愛のナースカーニバル / BON-BON BLANCO
 M03. こいしょ!!! / おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!

 M04. ドキッ!こういうのが恋なの? / えり~な(キャナァーリ倶楽部)
 M05. キャプテンは君だ / Tomato n’Pine

 M06. ZETTAI / PARADISE GO!!
 M07. ココロのちず / BOYSTYLE
 M08. 桜並木道 / Whiteberry

 M09. 約束の場所 / キャラメル☆リボン

 EN01. Like a Shooting Star / アイドリング!!!

■LINK
AIS -All Idol Songs- OFFICIAL SITE:http://allidolsongs.com/
AIS -All Idol Songs- OFFICIAL TWITTER:https://twitter.com/allidolsongs

【MIKAN夏の特集Ⅰ】AIS ~ And It’s Summer ~