Skip to content

Published in: REPORT

シブサン夏フェス!!2017!サイサイあいにゃん作詞の初オリジナル曲やランウェイで最高の笑顔!

2017年7月30日、ベルエポック美容専門学校第2校舎イベントホールにて「シブサン夏フェス!!2017~この夏の私たちは今しかいないんだよ~」が開催された。

出演は「Shibu3 project」(以下シブサン)。シブサンはプラチナムプロダクション所属の小学生~高校生のメンバーによる大型育成プロジェクトとして、低年齢層メンバーのイエロークラス、キュートなピンククラス、セクシーなグリーンクラス、クールなブルークラスという特徴を持つ4クラス構成のパフォーマンス部門とアクティング部門に分かれており、今回は全クラスが集結した。

また、新入生お披露目や初のオリジナル曲を披露など、大きなトピックも用意されており、訪れた観客も期待に胸をふくらませ、その時を待つ。

イベントがスタートすると、さっそくイエロークラスから順番に各クラスがライブパフォーマンス。定期公演などでも見られる親しみのある姿で会場を盛り上げると、さらに夏曲を4曲を連続で披露。

一気に高まる会場の熱気の中、新田湖子と田島櫻子による“ここらこ”の二人が登場すると、二人のMCでソロ・ユニットコーナーへと進む。

まずはシブサン最年少の小田若菜が一人、空手着姿で現れ空手の型を披露。大きな拍手の会場にホッとしたような表情の小田の顔が見られると、空手は6才からはじめたことなど話す。

続いてはシブサンの各クラスの代表者で組まれた選抜ユニットでのライブ。ブルークラスからは竹内渚沙、グリーンクラスからは栗田望海、ピンククラスからは浅原凜・豊田留妃、そしてイエロークラスからは薮田小桃の5名が登場し、元気にぷちぱすぽの『サムライガール』を歌う。

そのまま照明が落ちると入れ替わりで現れたのはシブサンの中でもダンスが得意という、ブルークラス齊藤七夏湖・河井瑠花・神崎沙穏、グリーンクラス原田凜による“シブサンダンス部”の4人。歌を歌わずにダンスに専念するという方法でハイレベルかつセクシーなステージを魅せた。

ライブパフォーマンスが終わると、ここからは雰囲気もガラリと変わり私服ファッションショーのコーナーへ。グリーンクラスの安藤汐音プロデュースによるショーでは、さまざまなテイストの洋服に身を包んだシブサンメンバーが見られ、また新たな一面が魅力的に映った。

鮮やかな時間が過ぎると続いては小野崎琉南が新体操のリボンのパフォーマンス。見事な演技に拍手が贈られると、そのまま“ここらこ”の時間となり、二人はSILENT SIRENの『BANG!BANG!BANG!』を歌う。

再び選抜ユニットのライブから各クラスのライブパートも終わると、いよいよここで新入生の発表へ。ブルークラスへは小林紗良・西尾美恋、グリーンクラスへは熊田来夢・稲葉るり、イエロークラスへは森田なつが参加することが告げられる。観客からはさっそく声援もおくられつつ、5人は暖かな拍手をもって迎えられた。

そんな中、新入生発表も終わると、いよいよシブサン夏フェスも大詰め。ファッションショーのランウェイで使われていたせり出しの部分いっぱいにメンバーが広がり、ラストはシブサン初のオリジナル曲披露へ。

作曲はSILENT SIRENサウンドプロデューサーのクボナオキ、作詞はSILENT SIREN山内あいな。

豪華な制作陣による『キャチドリ』の希望にあふれるサウンドにメンバーも観客も一体となり、イベントは最高のエンディングを迎えていく。

9月10日(日)Shibu3 project 第四回定期公演の開催も決定したことなども報告されると、最後には全員の「ありがとうございましたー!!」の明るい声が響き、この「シブサン夏フェス!!2017」も、成功の余韻の中、ゆっくりと幕が下ろされた。

■Gallery

■今後の予定
TOKYO IDOL FESTIVAL 2017
日程:8月4、6日
場所:お台場・青海周辺エリア

舞台「パティシエール~リンゴの魔法~」
日時:8月11~13日
場所:中目黒ウッディシアター

@JAM EXPO 2017
日程:8月26日
場所:横浜アリーナ

■LINK
Shibu3 project OFFICIAL Twitter:https://twitter.com/shibu3project
Shibu3 project OFFICIAL SITE:http://pisca.co.jp/Shibu3