Skip to content

Published in: IDOL・GIRLS POP, REPORT

【@JAM EXPO】「さくちゃんとじぃじ」登場!熱いライブステージにロボじぃじも若返った気分に

2017年8月26、27日の2日間、神奈川・横浜アリーナにて国内最大級のアイドルフェス「@JAM EXPO 2017」が開催。

27日のグレープステージにはアイドルファンの間で話題の「さくちゃんとじぃじ」が登場した。

「さくちゃんとじぃじ」とは3B juniorメンバーである中原咲耶とロボットのじぃじ「ロボじぃじ」によるユニット。サブステージとは言え、横浜アリーナのステージに立った喜びを伝えつつ、アイドル業界を盛り上げるために活動していることを話す。

オープニングトークでは夏休みの宿題は終えたかとロボじぃじがさくちゃんに問うと「あったりまえでしょ!夏休みの宿題なんて7月中に終わらせるのが中原の流儀です」と返し会場からは拍手。しかし、そのまま会話を続けていると、じぃじに異常が発生し「さくちゃんとじぃじです」の連呼が止まらなくなる。

やがて活動停止となるとロボじぃじを治す方法ということで『アダムスキーじいさん』を歌う。もう一回ということで再び『アダムスキーじいさん』を歌おうとするさくちゃんに「せっかくいただいたこのステージ、同じ曲で終わらせるのも味気ないではないか」とロボじぃじが語りかけると「オッケーイ!」と『老人と子供のポルカ』へ。

「若返った気分じゃよ」とロボじぃじから感想が話されると、さくちゃんからも「全国のスーパー銭湯のステージでツアーが出来るようにがんばります!」と意気込みが語られ、ステージは終了となった。