Skip to content

Published in: REPORT

箱根スイーツコレクション2017秋!アイドル「彼女のサーブ」あおぎちゃんと巡る和スイーツ

毎年春秋に開催している「箱根スイーツコレクション」。今回でなんと20回目を迎え、さらにおいしく、そしてやさしいおもてなしで私たちを楽しませてくれます。

今回の「箱根スイーツコレクション2017秋」の参加店舗は37店となり、和・洋や観光エリアにあわせて、目指す店舗を選ぶのも楽しい時間。

なるべく多くの店舗を巡るもよし、のんびりと箱根の空気を味わいながら気になる店舗を選ぶのもよし、開催期間の2017年9月1日(金)~11月12日(日)の間、それぞれのセンスで箱根を満喫できます。

今回、MIKAN編集部ではアイドルメディア“MIKANなりの”ということで、現役JDアイドル「彼女のサーブ」ことあおぎちゃん(ぎーちゃん)を連れて、「箱根“和”スイーツコレクション」をテーマに取材してきました!

■箱根スイーツコレクション2017秋
期間:2017年9月1日(金)~11月12日(日)
場所:箱根エリア37店舗
WEB:https://www.hakone-sweets.com/

 

***

 

ぎーちゃんと行く箱根スイーツコレクション<前編>

まずは新宿駅に9:00集合し、小田急線急行に乗り込むと、一行は少し眠気まなこで旅のしおりをめくりつつ、あれやこれやとのん気に相談します。ぎーちゃんは大の甘酒好きということで、今回の目当ては「甘酒茶屋」さん。しかし、嬉しそうに話す窓の外は大粒の雨…。

談笑しつつも不安な表情を隠し切れないまま、約1時間半で小田原駅に到着。電車を選べば乗り換えもなく、電車賃も874円~と東京からの小旅行には最適すぎる場所に軽い感動です。

小田原からは箱根フリーパスを使用。これ一枚で箱根エリア一帯おおよその交通機関を乗り降り自由でまわることができるので、あれこれとわずらわしさもなく、テーマーパーク気分でとても便利でした。

箱根フリーパス詳細:http://www.hakonenavi.jp/ticket/before/hakonefree01/ab_hakonefree01/

小田原駅から箱根登山線で箱根湯本駅に到着すると、雨も小降りで傘もさす必要はないくらいで一安心。まずは1件目の目的地「豆腐処 萩野」に向かいます。

駅前のにぎわうおみやげ屋の通りを抜け、川を越えると、旅館の並ぶしっぽりした雰囲気のいい一角に「豆腐処 萩野」さんはありました。木綿豆腐やごま豆腐なども並ぶ、天然大豆100%使用の昔ながらの豆腐屋さんで、さっそく今回の「箱根スイーツコレクション2017秋」で用意されている『豆乳ヨーグルトババロア』(1日限定30皿)をリクエスト。

 

■豆乳ヨーグルトババロア(ミニ玉だれ豆腐とぐいのみ豆乳付)
価格:550円
※1日限定30皿
※テイクアウトは豆乳ヨーグルトババロアのみ 500円

<店舗情報>
場所: 豆腐処 萩野 (箱根登山線「箱根湯本駅」下車、徒歩6分)
営業:8:00-18:00(LO:17:30) 定休日水曜
WEB:http://www.hagino-tofu.com/

 

ミニ玉だれ豆腐にぐい飲み豆乳もセットで登場し、うれしそうなぎーちゃん。まずはババロアの方を口にすると、不思議な味わいに驚きの表情浮かべます。

レアチーズケーキに近い風味とブルーベリーソースの甘みと酸味が絡み合い、そこはかと立ち上る豆腐感。口当たりのやさしい落ち着く癒しスイーツに日本らしさを感じつつ、豆乳、玉だれ豆腐も味わいました。

おみやげに一口がんもどき(10個入り)も購入し、なんだか健康的な気分になりつつ「箱根スイーツコレクション2017秋」最良のスタートを切ったような感じ。

意気揚々と続いては普通の箱根観光も、ということで、箱根ロープウェイ・箱根海賊船を目指し、登山電車へ。

時期を選べば紫陽花が美しいという電車に揺られ、約40分。山を眺めつつ終着駅の強羅に到着すると、そこで我々を待ち受けていたのはロープウェイ・海賊船とも悪天候のために運行休止という現実。

MIKAN編集部は動揺を隠しつつ「と、とりあえず休憩しましょう」と提案し、カフェへ。すると再び雨も降りはじめてきます。「この取材、これからどうなるんだろう…」そんな想いを胸に「箱根“和”スイーツコレクション」の旅は後編へと続くのでした。

NEXT⇒後編は抹茶・甘酒にぎーちゃん復活!