Skip to content

Published in: IDOL / GIRLSPOP, REPORT

MashBerry 2周年記念ワンマンライブ!ナイスグルーヴとハイセンスなキッズたちの90分!!




2017年11月26日(日)、渋谷CLUB CRAWLにてMashBerryの2周年記念ワンマンライブ「ドッキドッキロマンスパラダイス」が開催された。

オープニングではウクライナ国歌が流れるとサポートメンバーMCMが登場し、目線は高く、不動のまま荘厳な国歌を聴く。入れ替わりで犬のぬいぐるみが投げ込まれ「いつも歌っているのは私たちの飼い主で本来はこの姿、どう?意外とかわいい?」などトークをしつつ、飼い主が登場。

『Very Very Mash Berry』から可愛くスタートするとMCMも現れ『スパイスジャーニー』で勢いを増していく。犬のぬいぐるみも見守る中、MCではお馴染みのメンバーヒメナとナナミの口ゲンカに笑いもこぼれた。

ヒメナがミッキーマウスのモノマネを維持しつつ『ペーパーレスリングスタジオ』を披露すると、さらに『あふれる』『世界はシュガーレス』とポップな曲のパートも幅広くこなしていく。

「私たちが初めての時は0人しかいなかった覚えがあるね、しかも1人がいたとしてもスマホをいじったりとか、新聞読んでるとか最悪だったよね」とひめなが当初を振り返ると「我らはこんなに成長した!我らはこのワンマンライブで成長していくんだ!」と叫ぶ。するとライブ中にMELLOW GREEN WONDERがケーキを持ってサプライズ登場。ナナミが「クリームが濃厚で、スポンジがスクイーズみたい」と先に話したヒメナと同じコメントをかぶせ会場は笑い。

そのまま『オールドスクール喰らいなinウクライナ』を全員で歌うと、MELLOW GREEN WONDERが去ったステージでは、2人の口ゲンカがさらにヒートアップ。すると「もう、無理」とヒメナがステージを降り、ナナミのソロコーナーへ。『雨』『それでも』と歌モノでキュート・メロウな姿を見せていると、曲中、戻ったヒメナが「沖縄ワッショーイ!」と絶叫を続ける。

「ほんとうるさいんだけど、私が主役だったんだけど」とナナミがキレると、交代で続いてはヒメナがソロ。『ステップバイサンデーマインド』をラップし、さらに続けていく中、やはりナナミも戻り「みんなで歌った方がいいよね」とヒメナ。

新曲『カセットセット』ではラグタイムなピアノと延々続くほぼワンコード・ブルース進行な構成が気持ちよいまま「覚えるまでやるからな!」と3回連続の『カセットセット』。ライブは「カセットセット!」の響きに巻き込まれるまま終幕となった。

終演後、去り際のメンバ-から「絶対にアンコールしろよ」の忠告もあったが、しかし沈黙のフロア。すると客席後方で観客にうながされつつ「いやおかしいでしょ」と言いながらもMashBerry運営がアンコールをはじめる。会場に笑いとアンコールの声が混じると再びメンバーが登場し、ヒメナ・ナナミが紅白の手袋、ミニモニグッズのキャップをかぶり『ミニモニ。ジャンケンぴょん!』。

そのままの流れでヒメナが客席に向かってじゃんけんなどしつつ、ラストは『オールドスクール喰らいなinウクライナ』でライブは終了。終始笑いの中、音楽空間としても非常なハイセンスさを見せ、さらなる進化を感じさせる2周年ワンマンライブとなった。

■LINK:MashBerry Twitter

■MashBerry VIDEO