Skip to content

Published in: REPORT

ハピくるについてきてください!笑顔と汗のハッピーくるくる1周年「ハッピー感謝祭」!

2017年5月7日(日)、新宿club SCIENCEにてハッピーくるくる1周年記念公演「ハッピー感謝祭」が開催。

満員の会場にファンも嬉しそうな笑みをこぼし、この1周年を祝う。ロビーにはフラワースタンドや、寄せ書き、ハッピーくるくるのこれまでの年表なども贈られ、彼女達の愛され方が良くわかる一日となった。

オープニングのSEが鳴り、大きなコールがまきおこる中、「はっじまーるよー!」の掛け声で1曲目は『パーフェクトトリッパー』。今日の日の感謝を伝えると、2曲目『夏の日のラビリンス』からは4曲を続けて披露。エレクトロなハイスピードダンスサウンドに会場も激しく熱を上げると、メンバーも観客も汗だく。

落ち着く間もなくラストソングとなったが、その前にここでグループ初となるMVを披露。東京各地や山梨のヘリポートでも撮影があったことが話されると、まさにその『くるくるファンタジー』でラストを飾る。そして、やはりすぐさまアンコールの声。

アンコールに応えハッピーくるくるが『スカイシューター』でステージに再び顔を現すと、ののは「この1年間すっごい早くて2年目はもっと早くなるんじゃないかなって思います。ハピくるらしい楽しいことを色々したいです!」と話し、きのこは「私は性格がすごく明るくなった。」とはにかむと会場からも声援。

「アイドルになってからは特別な経験がたくさんできて、本当に成長できた1年だったと思います!」と続けると、そのまま二人は「来年もハピくるについてきてください!」と締めの挨拶に向かう。が、しかし、そんなところで観客からのちょっとまったコール。

ファンから二人に花束が手渡されると驚きの表情を見せるが、ここでさらにスタッフからもう一つの重大発表。

10月某日、渋谷WOMBでのワンマンライブ決定が明かされると、さらに驚きと喜びの表情を見せ、汗と笑顔の幸せなエンディングとなった。

この後、行われたアフターパーティーライブでは、特別感ではなく親しみのあるステージを展開し、ファンとともに1周年の最後をあたたかく締めくくった。

・ハッピー感謝祭の感想

きのこ 今日は想像以上に人がたくさん来てくれて、出た瞬間にびっくりして泣きそうになりました。めちゃくちゃ楽しかった…今までで一番楽しかったです。出る前は緊張してたんですけど、会場を見たら緊張がなくなりました。

のの すごい緊張してて昨日の夜も緊張するなーって思ってて、楽しみだったんですけど、楽しみと緊張が半々くらいで。でもファンの方の顔を見たらよかったぁって安心して緊張が解けて楽しめました。全然思ってたより人が来てくれてすごく嬉しい。

・1周年を終えて…

のの めっちゃど素人から始まって一年がすごく早くて、アイドルは好きだったんですけど、活動自体は全然分からなくて。でも、こういうライブがあってやっててよかったなって思いました。

きのこ 一年前はアイドルもそんなになりたくなかったというか、分からなくて。チェキって何?ってところから始まって。でも性格もめちゃくちゃ変わったし、人といっぱい話せるようにもなって…大変なこともめっっちゃ増えたけど、こういうライブとか遠征とかお客さんと触れ合う時が楽しいって思うからやっててよかったって思います。

──これからについてはいかがですか?

のの 最初のワンマンがWOMBということで、それにむかってがんばって、会場をうめたいです。

きのこ 次の一年はもっと大きくなって色んなイベントやフェスにも出て行きたいなって思います。大きくなって(ファンイベントの)バーベキューもしたいです。

──大きくなってもバーベキューがしたいんですね。

のの ずっとしたいです。

きのこ 世界に出るくらい大きくなってもずっと

一同 バーベキューはしたい。

──オーストラリアなどでは本格的なバーベキューが楽しめるようです。

きのこ オーストラリアでバーベキューがしたいです。

*ハッピーくるくる – くるくるファンタジー(MV):
https://www.youtube.com/watch?v=ZuhrmQB1qeo

■LINK
ハッピーくるくる OFFICIAL WEBSITE:http://www.happy-krkr.tokyo/
ハッピーくるくる OFFICIAL TWITTER:https://twitter.com/happy_krkr