Skip to content

Published in: REPORT

寺嶋由芙、callme、リリスク、フィロのスら登場!実力派が揃った「骨で聴くLIVE!!」

5月29日(月)、TSUTAYA O-Westにて世界初のハイレゾ級骨伝導イヤホン「EarsOpen」をフィーチャーした「骨で聴くLIVE!!」が開催。

出演は、寺嶋由芙、脇田もなり、フィロソフィーのダンス、There There Theres、callme、真奈、lyrical school、sora tob sakanaといった楽曲でも評価の高い面々が揃う。

会場には「EarsOpen」特設体験ブースも用意され、イベントスタート前には来場者が列を作ってその感触を試す姿も見られた。

オープニングトークでは真奈、脇田もなり、山崎愛(sora tob sakana)が登場し、グリコビジョン渋谷をはじめとした、渋谷エリアの7ビジョンにて公開された告知動画などを紹介。

ライブが始まると、それぞれがトークも少なめに次々とパフォーマンスを披露し、このラインナップならではの見応えのある展開となった。

シティポップ的な軽快なサウンドで軽やかにグルーヴする脇田もなり、幻想的で透明感のあるsora tob sakana、退廃的でダークな世界観のThere There Theresとそれぞれがそれぞれの領域で魅せつつも、そのクオリティの高さからか違和感なく全体が馴染む。

真奈はミドルテンポのビートに乗せたセクシャルかつ挑発的なステージを見せると、新体制スタートからまだ間もないlyrical schoolはフレッシュな元気さで笑顔の溢れるステージとなった。

後半はフィロソフィーのダンスがリズミカルなファンクサウンドと確かなボーカルで会場の熱を上げつつも『ジャスト・メモリーズ』といったソウル・バラードを聴かせ会場を圧倒する。callmeはそもそもクオリティの高さは折り紙つきだが、さらに磨きのかかったダンスとボーカルで高いレベルのパフォーマンスを披露し、楽曲の魅力を一層伝えた。

ラストは“ゆっふぃー”こと寺嶋由芙が登場し、ザ・アイドルといったステージを披露。伸びのある歌声と親しみのあるトークでピースフルな空気をもたらすと幸せなままにライブは進行。歌い終わりステージを降りると、もう1曲とすぐさまアンコールがかかる。再び顔を見せた寺嶋由芙は自身が大好きなゆるキャラをテーマにした『ゆるキャラ舞踏会』を歌い、柔らかくエンディングを飾った。

■Gallery


■LINIK
寺嶋由芙 OFFICIAL SITE:http://yufuterashima.com/
lyrical school official web site:http://lyricalschool.com/
フィロソフィーのダンス OFFICIAL SITE:http://danceforphilosophy.com/
脇田もなり OFFICIAL SITE:http://www.monariwakita.com/
There There Theres OFFICIAL SITE:http://aqbirec.com/ttts/
sora tob sakana OFFICIAL SITE:http://zizoo.jp/soratobsakana/
真奈 OFFICIAL SITE:http://manat.jp/