映画『人狼ゲーム インフェルノ』初日舞台挨拶!武田玲奈、小倉優香、上野優華らキャストで人狼ゲームも

EVENT REPORT

2018年4月7日、シネマート新宿にて映画『人狼ゲーム インフェルノ』の初日舞台挨拶が行われ、主演の武田玲奈ほか、小倉優香、上野優華、時人、都丸紗也華、貴志晃平、海田朱音、そして監督をつとめた綾部真弥が出席。

「初日を迎えられてとてもとても嬉しいです。」と武田が笑顔を見せると会場からは大きな拍手。「撮影していたのが年末くらいだったので、やっと初日を迎えられたという気持ちが大きいです。」と話すと、人気シリーズの7代目の主演をつとめることについては、プレッシャー以上に演技に集中していたことを明かす。

それに対して綾部監督はドラマから続けての出演となった武田、小倉、上野の「3人に関しては、精神的にも体力的にも大変だったんじゃないかなと思います。」とその労をねぎらう。

小倉は「みんなのこの作品に対する姿勢や想いが刺激になりました。」と当時は自分に自信がなかったことを振り返りつつ、作中では憎みあっていた同士である上野と部屋割りが同室あったことを話す。上野は「逆に部屋に帰れば、向亜利沙じゃなくて小倉優香ちゃんがいるから、そこで上手く切り替えられたのかなと思います。」と話した。

時人は貴志との激しくぶつかり合うシーンであざを作りあったことなど「これが役に入るってことなんやって思って。」とより入り込んで演技ができた発見も語る。ドラマ版の主題歌などもつとめた海田は歌の練習と撮影との行き来がハードだったことを思い出し「すごく勉強になることをを教えていただいて、自分にとって良いものとなりました。」と話す。さらにクランクアップ翌日にレコーディングとなったことで臨場感ある仕上がりということでしっかり宣伝もはさみ、会場も笑い。

綾部監督は長期間にわたる撮影について集中力の維持の難しさを語る一方、この期間、特に武田、小倉、上野の主要キャスト三人の表情の変化などについて「この子たちが俳優になった瞬間を観れたのがこれ以上ない嬉しさでした。」と語り、「武田玲奈さん演じる紘美は力強い美しさが画面に見事に映ってくれていたので、それがこの映画の救いだと思います。」と話した。

後半には実際にキャストの7人で「人狼ゲーム」にチャレンジ。罰ゲームの世界一苦いお茶を回避するために、それぞれが必死に心理戦を繰り広げる。武田、小倉が人狼となると、貴志、上野の断末魔の中、上手く誘導した人狼側が勝利となった。

罰ゲームでは苦悶の表情でお茶を飲む村人陣。笑いも多くなごやかな空気の中、最後に武田が「今日話した内容も含め、また新たな発見があると思うので、また見ていただけたら嬉しいなと思います。」と挨拶し、初日舞台挨拶は終了となった。



■武田玲奈インタビュー!
ドラマから映画へとつながる『人狼ゲーム インフェルノ』主演で学んだこと


■『人狼ゲーム インフェルノ』

桜庭ななみ、土屋太鳳などを輩出。本格派女優の登竜門として高い注目を集め、原作小説&コミカライズがシリーズ累計110万部突破。超人気シリーズとなった「人狼ゲーム」の新章が完成した。今作の主演は、大ブレイク中の武田玲奈。映画『暗殺教室』、『ポエトリーエンジェル』やドラマ「マジで航海してます。」、NOVAのCMに出演するなど多数のメディアで絶大な人気を誇る20歳がシリーズ史上最も緊迫した演技を魅せた。共演には、グラビアクィーンとして大注目の小倉優香、『トモダチゲーム』の上野優華、人気グループBOYS AND MENから水野勝・吉原雅斗・平松賢人など注目の若手俳優の10名が、残虐な頭脳戦デスゲームに参加。友情と裏切り、想像を絶する試練…。旬のキャストによる、命懸けのデスゲームが幕を開ける!

キャスト:
武田玲奈
小倉優香 上野優華 松本享恭 時人
平松賢人 都丸紗也華 貴志晃平 吉原雅斗 海田朱音
水野勝/足立 理/加藤虎ノ介

スタッフ:
原作:川上亮 
製作総指揮:吉田尚剛 
企画:永森裕二 
プロデューサー:岩淵規 
脚本:川上亮/綾部真弥
監督:綾部真弥
撮影:伊藤麻樹 照明:尾下栄治 録音:長部彰/甲斐田哲也 美術:中谷暢宏 衣装:岡本佳子 メイク:柳原まみ 劇伴:ペイズリィ8 沢田ヒロユキ 制作担当:田中清孝 助監督:田口桂 編集:岩切裕一 カラリスト:今塚誠 主題歌:『砂時計』(AMG MUSIC) 作詞・作曲:坂本英三 歌唱:海田朱音 ポスプロ:キュー・テック

制作プロダクション:メディアンド 
企画:AMGエンタテインメント
配給:AMGエンタテインメント/スターキャット  2018年/HD・DCP/日本/約95分/R15+
(C)2018「人狼ゲーム」製作委員会 

公式HP:http://jinro-game.net/