SAKA-SAMAの初ワンマンライブは超満員!新曲・新衣装・ゲストに朗読・アカペラ「イッツ ア SAKA-SAMAワールド」!

LIVE REPORT

2018年3月17日、渋谷TSUTAYA O-nestにてTRASH-UP!!発Lo-FiドリームポップアイドルSAKA-SAMAが1stワンマンライブとなる「イッツ ア SAKA-SAMAワールド」を開催。

1stマキシシングル「夢のはてまでも」や、公開されているMV『終わりから』も好評を博す、現在注目のアイドルグループがいよいよ初ワンマンということで会場は満杯。熱心なファンから、初めての参加など、様々な観客が訪れる中、ライブ自体も様々に展開し、特別なワンマンライブとなった。

オープニングはシングル「夢のはてまでも」でも1曲目となっている『パーティ・パーティ』でパンキッシュにスタート。気合の見えるパフォーマンスからメンバーDr.まひるん(以下・まひるん)作詞の『すいみんぐ』でさらにダンサブルに展開する。

2曲が終わると自己紹介に続き、「今日はSAKA-SAMAの初めてのワンマンライブにお越しくださり、ほんとうにありがとうございます!」と寿々木ここね(以下・ここねん)が挨拶し、大きな拍手。この時点で楽しいとメンバーが口々に話すと「もっともっと、もーっと楽しいことがあるので、絶対に目を離さないでください!」とここねんの言葉から『退屈乙女』へ。

メロウな『うぃんたー・まりん・すのー』が歌われると、空気は一転ロマンチック。しかし『Mirrorical Underground』で再び激しい盛り上がりとなると、さらに一転。かもめ児童合唱団『インターネット・ブルース』のカバーで、ふわっとした空気の中、続く『わんわん』ではまたアップテンポ。とめどなく変わるSAKA-SAMAの音楽性の幅広さが、独特の楽しい世界を生み出していく。

『ネズミの生活』の合唱でより平和な空気が広がると、メンバーは一旦退場。すると、あいうえまし子(以下・まし子)が一人登場し、1stマキシシングルのタイトルともなっている、詩『夢のはてまでも』の朗読が始まる。ライブの緊張感の中、この瞬間が共有されると、沈黙から続いては『終わりから』へとシングル収録曲順が再現される。

イントロで引き込まれる会場。歪んだギターのバッキングと残響音が重なるソロギターが交錯すると、ボーカルが会場を跳ね返る。歌い終わりには長い拍手が贈られ、その中をメンバーが退場。

長い間を取った後は第二部が始まり、会場入り口から聴こえるアコーディオンの音に振り返ると新衣装のメンバーがチンドンパレードで入場。驚きと新衣装の新鮮さ・可愛さに盛り上がる客席の中心に立ち止まると、メンバーはボンボヤーズのマチコが弾くアコーディオンの伴奏にのせながらアカペラで歌い始める。

『真夜中のスケッチ』『わんわん』『うぃんたー・まりん・すのー』と歌い、ふんわりした雰囲気に「最高だなぁ。」と観客の声がもれ会場も笑い。しかし、その場の空気に落ち着いている間もなく「お願いしまーす!」と大きな声がステージから。

皮茶パパ、毛並みんというSAKA-SAMAとゆかりのある人物?とコラボステージが展開されると、二人のユニークなステージでまた幅の広いSAKA-SAMAの姿が披露される。そして、ここねんの「SAKA-SAMAの初めてのワンマンライブにお越しくださり、ありがとうございました。」との言葉からメンバーによる今回のライブの感想へ。

まずはそのまま、ここねんからだが、「一年二カ月とちょい、メンバーがたくさん替わったりしました。なぜだ、と思ったことはあるけれど、わたしもまひるんも全然意地悪じゃない。」と突然の意外なセリフに会場から大きな笑い。「それから、まし(まし子)が入ってくれて一年?」と振り返り、うなずくまし子に拍手が贈られる。

すると「たくさん替わったけど、私はずっとSAKA-SAMAです。」と、感想は宣言へとまとめられ、会場からの声援に「ありがとうありがとうありがとう。」と返すここねん。

まひるんは新衣装について「めっちゃかっこよくてギラギラしててルンルンです。」と話しつつ、会場を見渡し「こんなに私たちのために集まってくれてるって単純に考えてやばい。」と驚いた気持ちを伝える。「私もがんばるので、1ライブにつき3秒くらい見てくれたら嬉しいです、これからもがんばります。」と控えめな言葉に大きな声援。

まし子は「最初出てきた時に、え?と思って。」とやはり大入りの会場に驚いたことを話す。加入から1年ということで「途中2カ月休みだったんですけど、今はそんな2カ月のことなんか思い起こさせないくらい、ちゃんとSAKA-SAMAが進んでいけてるのがすごい嬉しい。1年、見守ってくれてありがとう。ずっと応援してください。」と伝えた。

盛り上がったライブについては「調子にのっちゃいそう。」とここねんが笑顔になり、「わかる。」とまひるん。「とにかくワンマンライブを迎えられて嬉しいです。ほんとに、ほんとに嬉しい。」とここねんが締めると、最後は激しい新曲『right now』を披露し、絶叫の中、ライブは終了。

しかし、興奮のおさまらない観客はアンコール。『夏休み縦断の恋』でメンバーが再び登場し歌うと、そこからのMCに運営も登場し、ここで三つの重大発表が。

 ①里咲りさプロデュースによるシングルを5月後半リリース!
 ②セカンドワンマンライブ「イッツ ア SAKA-SAMAワールド vol.2」8/9、渋谷www開催!
 ③追加メンバーを募集!(詳細は後日発表)

セカンドワンマンライブについては、メンバーも知らされていなかったとのことで嬉しいサプライズ。嬉しそうな三人の表情を噛みしめつつ、「ではでは、本当にほんっとうに最後の曲。盛り上がってくださいね?約束!」とここねんの約束から『朝日のようにさわやかに』。

そして「以上、私たちLo-FiドリームポップアイドルSAKA-SAMAでした!せーの、ありがとうございました!!」と三人の声を揃うと、「イッツ ア SAKA-SAMAワールド」はキラキラしたエンディングを迎えた。

■SAKA-SAMAワンマンライブ
「イッツ ア SAKA-SAMAワールド」セットリスト
2018年3月17日@渋谷TUTAYA 0-nest

<第一部>
01. パーティ・パーティ
02. すいみんぐ
03. 退屈乙女
04. マサカサカサマ
05. うぃんたー・まりん・すのー
06. Mirrorical Underground
07. インターネット・ブルース (かもめ児童合唱団のカバー)
08. わんわん
09. ネズミの生活
10. 夢のはてまでも (詩の朗読)
11. 終わりから

<第二部>
12. 真夜中のスケッチ 
13. わんわん
14. うぃんたー・まりん・すのー

15. SAMA-DREAMING (ゲスト 皮茶パパ)
16. イッツ ア SAKA-SAMAワールド (ゲスト 毛並みん)
17. right now (新曲)

<アンコール>
18. 夏休み縦断の恋
19. 朝日のようにさわやかに

■SAKA-SAMA – 終わりから (Official Music Video)

■LINK
SAKA-SAMA Twitter:https://twitter.com/sakasama_info
SAKA-SAMA WEB SITE:http://www.trash-up.com/sakasama/