80~90年代アイドルカバー・オリジナル曲などハコムス113曲の中からファン投票で選ぶ「ハコヒットテン」!今回のトップテンは?

LIVE REPORT

2018年5月6日、AKIBAカルチャーズ劇場にて「ハコイリ♡ムスメGW特別公演~あなたが聴きたいハコヒットテン~」が開催。

これはおニャン子クラブやチェキッ娘のカバーなど80~90年代のアイドルの名曲カバー、そして自身のオリジナル曲あわせて現在113曲を持ち歌にするハコイリ♡ムスメ(以下ハコムス)が、ファン投票にてトップテンを披露する催し。さまざまな楽曲を持つハコムスならではの企画となり、注目の10曲となる。

オープニングにてメンバーが登場すると挨拶からは、2016年冬に行われた前回の結果も振り返りつつ10位から発表。

すると第10位は先日発表されたばかりの新オリジナル曲「エトワールを夢みて」がランクイン。どよめく会場の中、ライブではしっかりと楽曲の魅力を届ける。

9位から7位は連続で発表され、渡辺満里奈やBerryz工房楽曲も顔をのぞかせるとハロー!プロジェクトのファンである井上姫月が「ハコムスでハロプロさん唯一の曲。」と嬉しそうに話す。ライブでは『深呼吸して』を阿部かれんがメインで歌うなど三曲を披露すると、続いて6位から4位へ。

『ハコいっぱいのプレゼント』『微笑みと春のワンピース』とハコムスのオリジナル曲もランクインし披露すると、“もうすぐトップテン”ということで、惜しくもランクインしなかった20位までの楽曲も紹介される。

ここからはいよいよトップ3。第3位は斉藤由貴『土曜日のタマネギ』、第2位が三浦理恵子『水平線でつかまえて』と発表されると、2曲を続けてパフォーマンスする。

そして映えある第1位はチェキッ娘『海へ行こう〜Love Beach Love〜』。

発表された瞬間には大きな歓声があがり、我妻桃実は初期から歌っている楽曲として「ハコムスになくてはならない曲。」と話す。阿部からの「この曲は恋が実ってハッピーになる曲なんですよ。」という紹介もありつつ、ライブでは元気いっぱいな歌声を聴かせた。

最後には、またこれから楽曲も増えていくということで我妻から「1年、2年後にまた開催したらどんな結果になるか楽しみ。」と話されると、楽し気な空気の中、エンディングを迎えた。

■ハコヒットテン ※右は原曲歌手
10位. エトワールを夢みて / ハコイリ♡ムスメ
9位. 深呼吸して / 渡辺満里奈
8位. ありがとう!おともだち。 / Berryz工房
7位. 旅をつなげて / ハコイリ♡ムスメ
6位. 最初のキモチ / チェキッ娘
5位. ハコいっぱいのプレゼント / ハコイリ♡ムスメ
4位. 微笑みと春のワンピース / ハコイリ♡ムスメ
3位. 土曜日のタマネギ / 斉藤由貴
2位. 水平線でつかまえて / 三浦理恵子
1位. 海へ行こう〜Love Beach Love〜 / チェキッ娘

■LINK
ハコイリ♡ムスメ公式サイト:http://hakoiri-musume.com/
ハコイリ♡ムスメ公式Twitter:https://twitter.com/hako_musu