めろん畑a go go 1stミニアルバム「SICKxIDOLSxSICK」レコ発ライブ!大きなうねりと熱狂の50分!

LIVE REPORT

2018年5月28日、新宿LOFTにてめろん畑a go goによる「めろん畑a go go 1st mini album release party〝SICKxIDOLSxSICK〟」が開催。

これは6月27日に発売する1stミニアルバム「SICKxIDOLSxSICK」を記念したイベントとなっており、入場特典はなんと正規流通盤となる「SICKxIDOLSxSICK」そのもの。出演はめろん畑a go goほか、ゲストとして司会のエロヴィス佐藤(原宿Jack’s)、DJ 宇佐蔵べに(あヴぁんだんど)、眉村ちあき、LiLii Kaona、フェッティーズ、THE 夏の魔物も登場し、会場を大いに盛り上げた。

めろん畑a go goはサイドキックなヒーローアイドルとして、現在、中村ソゼ、琉陀瓶ルン、ルカタマ、崎村ゆふぃの4名で活動。ガレージ、ロカビリーなどアイドル界としては独特のスタイルが話題を呼び、アイドルファン・音楽ファンから注目を集めている。

時間となり司会のエロヴィス佐藤の煽りからメンバーが登場すると新衣装姿のメンバー。マント姿がクールかつ、赤と黒のコントラストがよく映えるデザインとなっており、めろん畑a go goと言えばという印象的なマスクを着用の中『Change The Wolfman』から激しいライブをスタートさせる。

メンバー中村は右ひざを負傷しているため車椅子での参加となるが、下からの煽りのライトなどでは逆にそれがホラー映画的な雰囲気を持ち、めろん畑a go goの個性的な世界観を構築していく。約1時間弱のまとまったライブは音楽、衣装、演出と一つの形として見ごたえのあるものとなった。

そしてライブは力強く、観客もそれに反応すると次第に熱も上がっていく。『SFホラー』『She Said』と次々と曲を重ねていきつつ『めろん』ではメンバーはマスクを外しさらに観客を煽っていく。

MCを入れない連続のパフォーマンスで、ライブは瞬く間に終盤へ。わずかに中村も立ち上がりつつ、ラスト『白い魔人と放浪の王』ではタオルを振り回しライブを締めた。

アンコールでは、大きなうねりの中『The IDOL From OuterSpace』でメンバーが再登場。ようやくのMCでは、中村から「この度めろん畑a go go主演の映画ができます!」の発表があり、観客からは歓声。さらにイベントとしての「SICKxIDOLSxSICK」の第2弾の開催も決定。

来月には右ひざの手術をするという中村には、ルカタマから「私たち、しっかりやってるから。」と声がかかり涙も。さらに「ほんとにほんとに最後の曲。」との言葉からラストは『めろん畑 a go go』へ。

すると気合の入るメンバーの後ろにはなんと旧メンバーであるRomi、みきてぃの姿。驚くメンバーに、観客も大きな声でさらに盛り上がっていく。

二人から「マジ泣いた、ほんと最高みんな。」と笑顔も見られると、間髪入れず『Surfin'Bird』のイントロがかかり歓喜のメンバーの表情の中エンディングへ。旧メンバーと抱き合う中村を見守りつつ、幕が下りる最後まで名残惜しそうにメンバーたちは手を振り続けた。

■めろん畑a go go 1st mini album release party 〝SICKxIDOLSxSICK〟
日時:2018年5月28日(月)
会場:新宿LOFT
出演:めろん畑a go go
<ゲスト>
DJ 宇佐蔵べに(あヴぁんだんど)
司会 エロヴィス佐藤(原宿Jack’s)
眉村ちあき
LiLii Kaona
フェッティーズ
THE 夏の魔物

■めろん畑a go go 1st mini album 「SICKxIDOLSxSICK」
発売日:6月27日

■LINK
めろん畑a go go WEB SITE:http://melonbatakeagogo.com/
めろん畑a go go Twitter:https://twitter.com/MELONBATAKEAGO2