Skip to content

Published in: YUMMY!

2017年 サー・トーマス・リプトン、新しい紅茶の楽しみ方「TEASTING」を提案

紅茶ブランド 「リプトン」 のプレミアムシリーズ 「サー・トーマス・リプトン」 は、産地ごとに異なる紅茶の香り、味わいを利き分ける、新しい紅茶体験「TEASTING (ティースティング)」の提案と新製品を発売する。

 

日本では限られた場面で飲まれる印象の強い紅茶。実は茶葉の産地により、香りや味わい食べ物との相性が異なり、様々な楽しみ方ができるワインのように奥深い飲み物。創業当時からの徹底した茶葉の選定やブレンドへのこだわりから生まれた、産地ごとの茶葉の特徴を最大限引き出すようにデザインされた特製グラスで、産地ごとに異なる紅茶の香りや味わいを利き分けて楽しむこれまでの紅茶へのイメージを変えるような新しいスタイルの飲み方提案だ。

2017年、日本の紅茶文化発祥の地であり長年リプトンが愛され続けてきた神戸開港150年を記念した限定イベント「神戸ティーフェスティバルsupported by サー・トーマス・リプトン(1/27 – 29)」への協賛で、大々的に「TEASTING(ティースティング)」を展開する。

また、産地ごとに異なる紅茶の特徴を楽しめる特製グラスとティーバッグのセットを2月8日より数量限定で発売開始。産地の違いを楽しめるアソートメントティーバッグを3月1日より、全国にて新発売する。

「TEASTING (ティースティング)」とは
世界中の最も高名な産地から厳選された茶葉を使用するサー・トーマス・リプトンだからこそ提案できる、産地ごとに異なる紅茶の香り、味わいを利き分ける紅茶の新しい楽しみ方です。産地によって異なる紅茶の水色、渋み、香り、コク。茶葉の特徴を最大限引き出すには、最適なグラス選びが必要です。最適なグラスを使って紅茶を飲むことにより、紅茶の良さをより一層実感することができます。さらに、それぞれの紅茶の特徴に適したフードとのペアリングによって、紅茶ならではの「掛け合わせる」というスタイルを通じ、味わいを際立たせることができます。そんな、これまでにない新しい紅茶のスタイルこそが、サー・トーマス・リプトンの提案する「TEASTING(ティースティング)」です。

 

 


 

■ 神戸ティーフェスティバル supported by サー・トーマス・リプトン

神戸ティーフェスティバル supported by サー・トーマス・リプトン
期間:2017年1月27日(金)~1月29日(日)
内容:
①TEASTING(ティースティング)/TEA SHOP マーケット 開催時間10:00~18:00
(神戸ハーバーランド umie  MOSAIC海側 高浜岸壁 )

②神戸街中TEA STAND 開催時間10:00~日没
(KOBEパークレット、大丸、三宮センター街一丁目、元町1丁目交差点、北野町広場)

③セミナー(デザイン・クリエイティブセンター神戸KIITO)

主催:神戸ティーフェスティバル運営実行委員会
(三宮中央通りまちづくり協議会、神戸・三宮センター街、グリーンバード神戸TEAM)

共催:神戸開港150年記念事業実行委員会
協賛:サー・トーマス・リプトン
協力:神戸市経済観光局、神戸市みなと総局

サー・トーマス・リプトン ティーハウス銀座 「TEASTING (ティースティング) 特別体験イベント」の開催
日時:2017年2月7日(火)、2月22日(水)
(両日程ともに 14:00 – 15:30 、18:30 – 20:00 の2回。)

内容:
① サー・トーマス・リプトンブランドについて
② 「TEASTING」について
③「TEASTING」体験会
(産地によって異なる紅茶の飲み比べ/特製グラスで紅茶の魅力を引き出す)

定員:1講座20名様 (満席になり次第、お申込み終了となります)
場所:サー・トーマス・リプトン ティーハウス銀座
(東京都中央区銀座1-3-1 銀座富士屋ビル 2F)
申し込み方法:サー・トーマス・リプトン ティーハウス銀座HP(https://www.sirthomaslipton.jp/teahouse/