映画「あ・く・あ ~ふたりだけの部屋~」叶美役・今城沙耶インタビュー!「なんかよく分かんないけど拍手贈っちゃってました」

園子温監督の助監督を経て異端映像作家として活躍する監督・中川究矢と、『グレイトフルデッド』(内田英治監督・2013)や『富美子の足』(2018)で歪んだ人間模様を描いてきた脚本家・平谷悦郎がタッグを組んだ映画「あ・く・あ ~ふたりだけの部屋~」が、5月29日(土)より池袋シネマ・ロサにて1 週間限定公開(ほか全国順次公開予定)。

▼インタビューPHOTO一覧

本作は企画・脚本を務める平谷が、まなざしの強さに稀有な魅力を感じたセクシー女優の小泉ひなたに主演をオファーし、企画消滅をかけて制作資金210万円を集めるクラウドファンディングをMotionGalleryで実施。多くの支援を受けて見事目標を上回る資金を集めることに成功し制作されました。

今回、蜜柑通信では主人公・達生に恋する女の子・叶美を演じる今城沙耶さんにインタビュー。2020年6月をもって活動終了した「カメトレ」メンバーとしては取材を重ねてきた蜜柑通信ですが、一年振りにその様子をおうかがいしました。

叶美役・今城沙耶インタビュー

──カメトレの終了からちょうど一年くらいですよね。

去年の6月3日だからちょうど一年!?舞台挨拶でファンの方を見かけて、思わずにっこりしちゃいました(笑)

──この映画の撮影はそれからすぐとのことですが、この一年はいかがでしたでしょうか?

映画の撮影の後は、舞台などにちょくちょく出させていただいたりしていました。あとはやっぱり今は家にいることが多いのでSNSするとか、絵を描くとか。

──なるほど。では、映画「あ・く・あ ~ふたりだけの部屋~」での、叶美役について教えてください。

逆にどうでしたか?今城っぽくなかったですか?

──たしかに直線的な感じとかでしょうか、ものすごく今城さんっぽかったです。

(笑)だから演技はやりやすかったです。それに達生役の櫻井保幸さんとは以前にも共演したことがあったので、安心できました。

──叶美とは性格が似ているんですか?

叶美ちゃんは恋をするとそれしか見えないタイプなんですけど、私も一緒でズブズブにハマっちゃうタイプです(笑)全力の好きオーラが映画で伝わっていればいいなと思います。

──苔が好き、という設定もありますよね。

そう。苔と達生を重ねて語るシーンがあるんですけど、アレは推しを語る私です。そういえば、苔を撮影するシーンがあったんですけど、けっこう真剣に光の具合とか構図とか考えたのに普通にカットされてました(笑)

──(笑)また、これまではカメトレでの姿を多く見てきたので下着姿の場面カットには驚いたんですが、撮影はいかがでしたか?

下着は水着と変わらないし、全然NGじゃないので楽しかったです。ファンの方からすると、初めての姿だと思うので衝撃はあったかも。

──場面カットの反応は?

「今城、大丈夫?」みたいなコメントが(笑)あと出演していた舞台の稽古場がざわついて「今城、いいの?」みたいな、「いや、別にいいけど」って(笑)

──カメトレのメンバーとはお話しましたか?

お互いのお仕事の話はあまりしないんですよ。でもこの間、(真田)真帆がニックネームみたいなのがついたお仕事をしていたので、それはみんなで言い合ってたりはしました。

──最近でも会ったりはするんですか?

(森下)果音のお誕生日パーティーをしたり、真帆の家で餃子パーティーしたり、ご時世で難しい部分もありますけど、ちょこちょこ会っていますね。

──なるほど。それでは最後に映画の見どころも

全部詰め映画っていうくらい色んな要素が入っていて、シリアスからギャグ、ちょっとエッチなシーンとラブロマンスもあります。見終わった後の脱力感、それと主題歌の『朝が落ちてくる』がめちゃくちゃよくて、なんかよく分かんないけど拍手贈っちゃってました(笑)

──ゑんらの木乃伊みさとさんが歌ってらっしゃる曲ですよね。

はい、個人的に普通に買いました。でも、そんな風にみなさんも笑顔で映画を見終えてくれると嬉しいなと思います。

▶関連記事:カメトレの記事まとめ

映画『あ・く・あ〜ふたりだけの部屋〜』

出演:
小泉ひなた 櫻井保幸 今城沙耶 関幸治 園部貴一 伊澤恵美子 川連廣明 小橋秀行加藤桃子(声のみ)川瀬知佐子 紺谷凪乃 大葉かやろう(おかわり) 八つ橋てまり(おかわり) 高崎二郎 石川雄也

監督・プロデューサー・編集・音響効果:中川究矢
アソシエイトプロデューサー:漁師JJ 藤田隆盛 原田努(昭島のトム)
企画・脚本:平谷悦郎
音楽:おおくぼけい
主題歌:木乃伊みさと
撮影:関将史
照明:山口峰寛 加藤大輝
録音:伊豆田廉明
VFX:東海林毅
スタイリスト:鈴木里菜
ヘアメイク:杉本あゆみ
助監督:登り山智志
製作:映画『あ・く・あ~ふたりだけの部屋~』製作委員会
制作プロダクション・配給:Power Arts Production
2021/日本語/アメリカンビスタ/ステレオ/DCP/R-15+/86分

■あらすじ
自転車便の仕事をする達生は、ドアを開くと、定期的に壁に“あ・く・あ”という文字が刻まれた謎の“部屋”に入ってしまう不思議な能力を持っていた。ある日、達生は配達先で死んだような眼をした女・聡子と出会い、恋に落ちる。聡子は毎週、月曜日に恋人・征人と会うのを生き甲斐にしており、それ以外の日は抜け殻のように過ごしていた。聡子と征人のセックスを覗いていたのが見つかって、ボコられた達生が“部屋”でオナニーをしていると、突如、聡子が目の前に現れる。理由は不明だが、聡子にも“部屋”に入る能力が身についてしまったのだ! 聡子が“部屋”で達生と2人きりになるのに、ストレスを募らせる一方、そんな状況に幸せを感じ始める達生。やがて聡子のストレスは爆発し、達生に鬱憤をぶつけ始める。いつしか2人は、そんな状況に特別な想いを抱き始めるが……。果たして2人の結末は⁉ そして、“部屋”に隠された驚くべき秘密とは……⁉

映画『あ・く・あ〜ふたりだけの部屋〜』公式Twitter
https://twitter.com/akuafutaridake

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる