倉島颯良も娘役で登場!瀧川鯉八主演の新作イヤードラマ『今の日本の家族会議』が配信スタート

(左から:瀧川鯉八、倉島颯良、須藤理彩)

新進気鋭の落語家・瀧川鯉八が主演する新作イヤードラマ『今の日本の家族会議』が9月13日より配信スタート。

本作では、住澤家の娘・晶役として、さくら学院で生徒会長を務め、CX系列「さくらの親子丼3」などにも出演した、演技派女優として注目が高まる倉島颯良が登場します。

住澤家は父・到(46 歳)、母・ゆり子(43 歳)、娘・晶(19 歳)の、ごく普通な家族。しかし、いつも自然発生的に始まるざっくばらんな“家族会議”によって、家族の知られざる事実や意外な志向が明らかになっていきます。

父・到を演じるのは、落語界の若き天才として数々の賞を受賞し、人気爆発中の落語家・瀧川鯉八。母・ゆり子役をABEMA「ブラックシンデレラ」での主人公の母親役が記憶に新しい須藤理彩が演じます。

脚本・監督を「カフカの東京絶望日記」「his」などで企画・脚本を手掛けるクリエーターのアサダアツシが務め、3人の個性を生かした会話劇を仕上げていきます。

『今の日本の家族会議』(全4話)

※9 月13 日より配信 毎週月曜日新エピソード更新
出演:瀧川鯉八 須藤理彩 倉島颯良
企画・脚本・演出:アサダアツシ
プロデューサー:松浦順子 依田剛大
サウンドプロデュース:ステップ
音楽・効果・整音:西野公樹
サウンドコーディネート:成瀬篤志
制作:ダブ

<あらすじ>
住澤家は父・到(46 歳)、母・ゆり子(43 歳)、娘・晶(19 歳)の、ごく普通な家族。しかし、いつも自然発生的に始まるざっくばらんな“家族会議”によって、家族の知られざる事実や意外な志向が明らかになっていく。先進・先鋭的な思想を持つ娘によって、凝り固まった固定観念をアップデートされていく父、誰も知らなかった壮絶な過去を明かす母……。住澤家はまさに社会の窓、激動する現代の映し鏡! なんて大げさなものではありませんが、ともあれ学べて笑えて気分爽快な住澤家流のキャッチボール!!これが令和時代の“家族のカタチ”!?

議題その① 家族に内緒でAV 女優になっていた問題
「あの人が家族に内緒でAV 女優になっていた」住澤家の家族団らんは、父の衝撃的な告白によって引き裂かれた…かと思いきや、意外な展開に…。

議題その② 陰謀論にハマってしまった問題
住澤家に忍び寄る陰謀論の影!身近な人が陰謀論にハマったときどうすればいいのか!?狼狽する父にアドバイスを送る娘だが、父は娘の過去のほうが気になって…。

議題その③ 「シンデレラ」をアップデートした問題
童話の読み聞かせに参加した娘だが「もう来ないでくれ」と断られる。彼女がアップデートしたという「令和のシンデレラ」の衝撃的な内容とは…。

議題その④ 家族の絆って本当に尊いの?問題
父の凝り固まった「家族の絆至上主義」を覆した母の、壮絶すぎる過去とは?それを聞いた父と娘、そして母は、理想の家族像を見つけられるのか…。

作品配信URL:
https://numa.jp.net/mob/cont/contShw.php?site=NM&cd=DSE00037

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる