国立科学博物館が「剥製3Dデジタル図鑑 “Yoshimoto 3D”」を公開。ヨシモトコレクションを自由な角度と距離で

国立科学博物館は、大型哺乳類を主とする「ヨシモトコレクション」の剥製3Dモデルと生物種の様々な情報を図鑑のように閲覧できる「剥製3Dデジタル図鑑 “Yoshimoto 3D”」を公開。

国立科学博物館収蔵のヨシモトコレクションは、ハワイの実業家、故ワトソン T.ヨシモト氏(1909〜2004)より寄贈された世界的規模の標本コレクション。ですが、その多くは、収蔵庫に収められており、展示室で見ることはできません。

そこで、ヨシモトコレクションの中から、これまでに作成してきた23点の哺乳類剥製3Dモデルについて、その剝製標本としての情報と生物種としての情報を集約し、Web上で閲覧可能な「剥製3Dデジタル図鑑 “Yoshimoto 3D”」を開発し正式公開しました

本サイトでは、普通は見られない自由な角度と距離から剥製3Dモデルを眺めることができ、その体形や、体色、大きさ等に興味を持った方が、より深く動物について理解するきっかけとなり、教育的な活用に繋がります。

公開Webサイト
剥製3Dデジタル図鑑 “Yoshimoto 3D”
https://yoshimoto.kahaku.go.jp/3d/

▶蜜柑通信のキャラ・カワイイ記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる