2019年2月、Bunkamuraザ・ミュージアムにて、「クマのプーさん展」の開催が決定

2019年2月9日(土)~4月14日(日)を予定とし、Bunkamura ザ・ミュージアムにて『クマのプーさん展』が開催。

児童文学のなかでも、世界中でもっとも人気のある作品のひとつ『クマのプーさん』。著者A.A.ミルンと、挿絵を担当したE.H.シェパードによって、1926年にイギリスで出版されて以降、50以上の言語に翻訳されるとともに、全世界で5000万部以上のシリーズ本が出版され、いまも世界中の人々を魅了し続けている。

昨年12月に、イギリス・ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)で開催され、好評を博した『クマのプーさん展』は、E.H.シェパードのオリジナル鉛筆素描画を世界最大規模で所蔵するV&Aが日本に贈る、初めての展覧会となっている。

■クマのプーさん展
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)
会期:2019年2月9日(土)~4月14日(日) <予定>*休館日未定
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)※毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
入館料:一般1,500円(1,300円)、大高 900円(700円)、中小600円(400円)、親子券 1,600円(1,400円)
※消費税込、( )内は前売、親子券を除く20名様以上の団体 
※親子券は一般1名+中学・小学生1名のセット券。
※未就学児は入館無料

発売日等詳細は決まり次第、HPにて
公式HP:https://wp2019.jp/