ムーミンの物語を追体験できる「ムーミンバレーパーク」の開業日が2019年3月16日に決定!最新情報も

埼玉県飯能市で開発中の施設「ムーミンバレーパーク」の開業日が2019年3月16日(土)に決定。施設内の展示施設「KOKEMUS (コケムス) 」「おさびし山」「ムーミン谷」の最新情報が公開された。

<「ムーミンバレーパーク」とは>
「ムーミンバレーパーク」は、ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、ムーミン一家とその仲間たちによるライブエンターテインメントやグリーティング、物語の中で登場する水浴び小屋・灯台、物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じることができる展示施設など、原作の大きな魅力である文学性やアート性にあふれた空間であり、訪れた皆さんが新しい発見に出会うことができる場所。

世界最大級の品揃えとなるムーミンのギフトショップでは、ここでしか買うことのできない多くのオリジナルグッズが並び、レストランでは、地元の食材を使った北欧とムーミンの世界観を融合したオリジナルメニューを楽しむことができる。

< 展示施設「KOKEMUS (コケムス) 」について >

地上3階建の展示施設名「コケムス」は、フィンランド語で“体験”を意味する。

仕事に愛に全力をささげながら、生涯ムーミンとつきあってきた作者トーベ・ヤンソンの人生とムーミン作品を織り交ぜ、パークに訪れた方ひとりひとりが追体験をしながらムーミンの物語をさらに知って頂ける施設。インタラクティブな体感展示スペースを通り抜け、常設展&企画展を楽しんだ後は、北欧の輸入ムーミン雑貨を集めたセレクトショップ&カフェで余韻を楽しんだり、ワークショップルームで物語にちなんだものづくり体験で自分だけの思い出を持ち帰ることもできる。

また、ムーミンの物語のテーマ性を意識した世界最大級の品ぞろえのメインショップやムーミンたちの夜の不思議な森のパーティーをイメージしたメインレストランも。8m超のムーミン谷の巨大ジオラマや、フィンランドのヘルシンキ・アート・ミュージアムからのアート作品なども展示される。

< おさびし山エリアについて >

ムーミンバレーパークの「おさびし山エリア」は、冒険と思索の山となっており、小説『ムーミン谷の仲間たち』より“しずかなのが好きなヘムレンさん”のストーリーをモチーフにしたアスレチックが誕生。かつて、遊園地で働いていたヘムレンさんが、遊園地が閉園したことをきっかけに自ら遊園地をつくってしまった、というエピソードに登場するツリーハウスやつり橋、メリーゴーランド遊具などが用意されている。

おさびし山の頂上からスタートするのが、ジップラインのアトラクション「飛行おにのジップラインアドベンチャー」。

森の中に張ったワイヤーを滑車で滑り降り、絶景を楽しめスリルも味わえる、世界的にも人気のあるアクティビティであるジップラインが、往復約400mの宮沢湖面を滑空する。小説『たのしいムーミン一家』に登場する“飛行おに”のように、ルビーの王様を求め、森の中、湖の上を風を感じながら楽しむことができる。

< ムーミン谷エリアについて >
ムーミン谷内にある写真館で、ムーミン谷の仲間たちも写真館に撮影に訪れるという設定の写真スタジオの「ムイック フォト」。ここでは、プロのカメラマンによる撮影サービスがあり、キャラクターコスチュームのキャラクターたちととっておきの写真を記念に残すことができる。

< 公式サイト・公式SNS >
「メッツァ」公式サイト:https://metsa-hanno.com/
「メッツァ」公式Facebook:https://www.facebook.com/metsavillage/
「メッツァ」公式Twitter:https://twitter.com/Metsa_Official
「メッツァビレッジ」公式Instagram:@metsavillage
「ムーミンバレーパーク」公式Instagram:@moominvalleypark 
「ムーミンバレーパーク」公式Facebook:https://www.facebook.com/moominvalleypark/