直木賞作家・辻村深月脚本による来春公開の「映画ドラえもん のび太の月面探査記」が本人完全書き下ろしで小説化

2019年3月1日公開の「映画ドラえもん のび太の月面探査記」は、直木賞作家の辻村深月が脚本を手がけ、話題に。今回、さらに辻村氏自ら、映画の公開に合わせ、小説版を完全書き下ろしで刊行することが発表された。

熱烈なドラえもんのファンである辻村氏がどう描くのか?来春はドラえもんを映画・小説で体験しよう。

刊行は2019年2月7日ごろの予定。

─ STORY ─
月面探査機が捉えた白い影が大ニュースに。のび太はそれを「月のウサギだ!」と主張するが、みんなから笑われてしまう…。そこでドラえもんのひみつ道具〈異説クラブメンバーズバッジ〉を使って月の裏側にウサギ王国を作ることに。そんなある日、のび太のクラスに、なぞの転校生がやってきた。

──辻村深月氏からのメッセージ
「皆さんと同じように、私も『ドラえもん』が、子どもの頃から大好きです。そんな大好きな『ドラえもん』の世界を脚本、そして小説で描くことはあまりにも恐れ多いことでした。緊張でがちがちになっていた時に、冒険の舞台として、ふっと思いついたのが、月の世界です。

一番身近な天体で、すぐ近くに見えるけれどなかなか行けない場所。ドラえもんたちとここに行けたら、と思い、最初の一行を書いた瞬間、物語が動き出してくれました。

ドラえもんたちとの月世界の冒険、皆さんにも楽しんでいただけたら、とても嬉しいです。 」

<辻村深月プロフィール>
1980年生まれ。千葉大学教育学部卒。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。 11年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞を受賞。12年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞を受賞。18年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞第1位となる。著書に、章タイトルをすべて『ドラえもん』のひみつ道具にした『凍りのくじら』などがある。

2019年2月7日(木)ごろ発売予定
小説『 映画ドラえもん のび太の月面探査記』
原作:藤子・F・不二雄 著:辻村深月
予価 四六版 1,800円+税
ジュニア文庫版 700円+税 小学館刊

辻村深月 小説『 映画ドラえもん のび太の月面探査記』特設サイト
https://www.shogakukan.co.jp/pr/tsujimura

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019