「101匹わんちゃんストリート」がディズニー・チャンネルにて日本初放送!日本語名の子犬「ドンブリ」も今後登場予定

全国のケーブルテレビおよびBS・CS放送などで放送中のディズニー・チャンネルでは、1961年のディズニー映画「101匹わんちゃん」からヒントを得て誕生した最新オリジナル・アニメーションシリーズ「101匹わんちゃんストリート」を、2019年7月6日(土)より日本初放送。

© Disney

「101匹わんちゃんストリート」は、多様な個性が入り混じる大家族の中で、忙しいパパとママに代わり、きょうだいの子守りを任されたディランとドリーを中心に、子犬たちを巡る騒動や冒険、そして成長を描いたコメディー・アドベンチャーシリーズ。

物語の舞台は21世紀のロンドン。互いに15匹の子犬を持つディランのママと、ドリーのパパに、15匹の子犬が誕生。さらに、レスキューシェルターの犬やペットショップの犬、野良犬たちなどを次々に家族に迎え、総勢101匹の大家族に。名前が「D」から始まる99匹の子犬たちは、スタータレントとして活躍する子犬たちやエンジニアの才能に溢れた子犬などみんなとにかく個性豊か。「ドンブリ」という日本語名を持つ子犬も今後登場予定となっている。

© Disney

■第1話 「初めての“ペット”/爆発ナイト」 ストーリー

「初めての“ペット”」
忙しい両親から97匹のきょうだいの子守りを任されているのは年長のディランとドリー。真面目なディランはいつもへとへと。近所のクラリッサが飼っている人間を見て「あんなペットが飼いたい」と呟く。

「爆発ナイト」
年に一度、街に大きな爆発音が響き渡る“爆発ナイト”の夜。ディランは音で脳みそが吹き飛ぶことを恐れているが、ドリーはキツネのファーガスに
誘われこっそり家を抜け出す。

■新番組 「101匹わんちゃんストリート」 
日本初放送:2019年7月6日(土)13:00~13:30ほか
レギュラー放送:7月27日(土)より毎週土曜・日曜10:30~11:00ほか
ディズニー・チャンネルの最新情報
公式サイト:disneychannel.jp
公式Twitter:@disneychanneljp