mini通信:たけやま3.5が「西宇和みかん ひろめ隊」に

「ディセンダント3」が公開初日でディズニーデラックスでのサービス開始以来、最高視聴数を獲得!

ディズニー公式エンターテイメントサービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」にて2019年9月13日(金)より日本最速公開をしたディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー「ディセンダント3」が、公開初日、および公開から3日の数字を含めて、ディズニーデラックスのサービス開始以来、最高視聴者数を獲得、作品視聴ランキングでも首位となったことが発表されました。

©Disney

「ディセンダント」は、英語で“子孫”を意味し、ディズニーの人気キャラクターにもし子孫がいたら?という斬新なアイデアから生まれたTV映画。2017年に放送された「ディセンダント2」は、159カ国32の言語で放送され、合計視聴者数は7150万人を越える大ヒット作品となりました。

また、8月2日に全米初放送された「ディセンダント3」は、視聴人数が3日間の録画視聴も含めると、1,500万人に到達、「ディセンダント3」のミュージックビデオは放送後わずか5日間で1億1,100万回再生を超えるなど、大きな記録をうちたてました。監督は、「ハイスクール・ミュージカル」のケニー・オルテガ、主演は全米ティーンのカリスマ、ダヴ・キャメロンが務めています。

■ディセンダント3
“善”と“悪”を現代の視点で描き、世界的大ヒットを記録した「ディセンダント」の3作目となる「ディセンダント3」。マル、イヴィ、カルロス、ジェイはオラドン王国に招くヴィランズの子ども達を選抜するため再びロスト島を訪れる。ところが島を覆うバリアに裂け目が生じてしまう。ウーマとハデスがオラドン王国に復讐することを恐れたマルは、バリアを閉ざし、自分の故郷・ロスト島を永遠に封印する決断をするが、得体の知れない闇が忍び寄っていた。

■Disney DELUXE(ディズニーデラックス)

ディズニーが持つ4つのブランド、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの映像コンテンツが見放題となるほか、限定のグッズやコンテンツなどが楽しめる、ディズニー公式エンターテイメントサービスです。動画配信アプリ「Disney THEATER(ディズニーシアター)」を中心に、動画以外のコンテンツが楽しめるアプリ「Disney DX(ディズニーDX)」「STAR WARS DX(スター・ウォーズ DX)」「MARVEL DX(マーベルDX)」の4つのアプリで構成されており、月額700円(税別)で利用可能となっています。

公式サイト:disneydeluxe.jp
公式Twitter:@disneydeluxejp