mini通信:ピューロランド人気期間限定イベント「スイーツピューロ」がスタート!

話題の「スター・ウォーズ」初の実写ドラマ 「マンダロリアン」!第4話はもう一人の戦士、キャラ・デューンが初登場

ディズニー公式動画配信サービス「ディズニーデラックス」は、「スター・ウォーズ」初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』2019年12月26日(木)より国内独占配信スタートし、配信中の第3話も大反響を呼んでいます。

1月17日(金)配信開始となる注目の第4話は、数々の名作に出演した女優ブライス・ダラス・ハワードが監督を務めるエピソード。先に配信となったアメリカでは、全米の批評家や海外メディアから絶賛の声も続々。

ブライス・ダラス・ハワード監督、ジーナ・カラーノ

「ブライス・ダラス・ハワードは、父親の映画作りの遺伝子を受け継いでいる事を証明した。私は彼女の演出したエピソードをもっと観たい」(JoBlo’s Movie Emporium)

「このエピソードには3つの印象的な瞬間がある。それはこのシリーズ前半通じて最も印象的だ」 (Deseret News (Salt Lake City))

「かなり 印象的なエピソード、クラシックなウエスタンに敬意を表しつつそのお約束を上手 く取り込み、ジョン・ファヴローがここで何をしようとしているのか非常に良く分かる」 (AV Club)

現在ディズニーデラックスでは第3話まで配信中。「スター・ウォ ーズ」シリーズ初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』第4話は2020年1月17日(金)に配信!

『マンダロリアン』 第4話見どころ

ブライス・ダラス・ハワード監督

銀河内戦を生き延びたベテランの兵役経験者ですが、今では社会復帰できない“はみ出し者”とし て生きているキャラ・デューン。実は元反乱軍のショック・トルーパーという過去を持つ彼女。百戦錬磨の戦闘員で、軍隊で学んだスキルを頼りに傭兵として自身を変え、新しい人生を築いていきます。そんな彼女は果たしてマンダロリアンの敵なのか?味方なのか?新登場となるキャラ・デュ ーンの左目の下にある黒い点にも注目です。

また、彼女を演じているのは、格闘家としても有名な女優のジーナ・カラーノで、スタントマン無しの豪快なアクション・シーンも必見。

第4話を監督しているブライス・ダラス・ハワード監督は、女優として、「スパイダーマン3」や「ジュラシック・ワールド」シリーズなどの大作から小規模の傑作まで数々の作品に出演しています。父親はジョージ・ルーカス原案作品「ウィロー」、「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(両作品ともにディズニーデラックスにて配信中)などの監督を務めたあのロン・ハワード監督。

実は元々1973年のジョージ・ルーカスの監督としての出世作「アメリカン・グラフィティ」の主人公の1人をロン・ハワードが演じており、ジョージとロンは旧知の仲。ということでブライス・ダラス・ハワード自身も 子供の時から父の友人であるジョージ・ルーカスの話を聞いて育ったので、今回の監督としての納得の起用となりました。

そんな注目のブライス・ダラス・ハワード監督の撮影現場での写真が到着。キャラ・デューン役の ジーナ・カラーノにアドバイスをする姿と、撮影現場で笑顔をみせる監督。女優としての目線も持ち合わせたブライス・ダラス・ハワードが監督を務め、百戦錬磨の戦士キャラ・デューンが初登場となる第4話に期待が高まります。

■「マンダロリアン」公式サイト
https://www.disney.co.jp/deluxe/program/mandalorian.html

「スター・ウォーズ」初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』は、2020年1月17日(金)に最新エピソードとなる第4話、そして、その後も毎週金曜日に新しいエピソードを配信。全8話を「ディズニーデラックス」にて国内独占配信します。

■ディズニーデラックス
公式サイト:
disneydeluxe.jp

公式 Twitter:
@disneydeluxejp

© 2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.