Q. 冬になるとコンビニで思わず買っちゃう食べ物は? A. あんまん(編)

YOASOBIのikuraとしても活動する幾田りらが映画『フェイフェイと月の冒険』日本語版エンド・クレジット・ソングに!コメント到着&配信日も決定

Netflixでは、映画『フェイフェイと月の冒険』を10月23日(金)より独占配信。本作は、ディズニー・アニメーション『美女と野獣』『アラジン』『塔の上のラプンツェル』などを手掛けてきた伝説のアニメーター、グレン・キーンが初の長編監督を務める、夢と感動のファンタジー・アドベンチャーとなっています。

今回、配信日決定に加え、音楽ユニットYOASOBIのボーカルikuraとしても活動する幾田りらさんが、日本語版エンド・クレジット・ソングを担当することが決定しました。

ディズニー・アニメーションが子供の頃から大好きで、プリンセス映画も数多く観てきたという幾田さんは、本作への参加が決まった時の気持ちを「驚きがまず1番でした。幼い頃からずっと見てきたアニメーションをたくさん手掛けられているグレン・キーンさんの作品に参加させていただいて喜びがいっぱいです」と、嬉しさをストレートに語っています。

本作は、幼い頃に亡くなった母から聞いた“月には女神がいる”という伝説を信じ続けてきた科学好きの少女フェイフェイが、伝説を証明すべく自らの手で宇宙船を作って月へ向かう姿を描いた勇気と感動の物語。

Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』10月23日(金)より独占配信開始


幾田さんは、自分を貫き続けるフェイフェイの姿に、「こんなに勇敢な12歳はいないなって思うくらい印象的でした。私も12歳くらいの頃には歌手を志して作詞作曲も始めていたので、夢や目標に向かってチャレンジしていく精神は、フェイフェイと共通する部分があるのかなと思います」と明かしつつ、自身との共通点についても言及。

さらに楽曲の日本版タイトル「ロケット・トゥ・ザ・ムーン〜信じた世界へ〜」のタイトルは幾田さん自身がネーミング、その理由について、「そのまま日本語にするだけではなく、フェイフェイが自分を信じて突き進んでいく力が印象的だったので、その意志を付け加えられたらいいなと思いました」と、作品への想いを打ち明けました。

今回、ソロとしての参加となる幾田さんは、「YOASOBIの活動では、今回のようにミュージカル調に歌うことはほとんどないので、今回は個人としての成分を乗せることができたかな、と思います。一方でフェイフェイの気持ちも乗せながら歌うところは、YOASOBIの“小説を音楽にする”というコンセプトと似ていて、そこはYOASOBIの経験が生きたかな、と思います」と自信を覗かせます。

Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』10月23日(金)より独占配信開始

実際に今回の幾田さんの歌声を聴いたグレン・キーン監督は「本当に心がこもったパフォーマンスで、やさしさと強さのバランスが絶妙な素晴らしい歌声です。ブラボー!幾田さん!」と大絶賛。

Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』は10月23日(金)より独占配信開始です!


<STORY>
物心ついた頃から、今は亡き母が語る“月には女神がいる”という伝説を信じ続けてきたフェイフェイ。科学が大好きな彼女は、家族を巡る様々な悩みを抱えつつも《月の女神の伝説》を証明するために自らの手で宇宙船を作り、ウサギのバンジーとともに月へと向かうことを決意します。そしてたどり着いた月の世界。そこには不思議な王国や幻想的な生き物、そして思いがけない冒険が待ち受けていた―。

<楽曲概要>
Netflixオリジナル映画「フェイフェイと月の冒険」
日本語版エンド・クレジット・ソング「ロケット・トゥ・ザ・ムーン〜信じた世界へ〜」
各音楽配信サイトより2020年9月25日配信スタート

■Netflix LINK
Netflix:https://www.netflix.com/jp/

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/NetflixJP

ツイッター(@NetflixJP):https://twitter.com/NetflixJP

フェイスブック:https://www.facebook.com/netflixjp

インスタグラム:https://www.instagram.com/netflixjp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる