好評につき12月2日まで会期延長!浮世絵世界で猫と遊ぶ江戸版猫カフェ「江戸ねこ茶屋」

2018年6月15日(金)からJR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」で開催中の江戸版猫カフェ「江戸ねこ茶屋」が当初の8月31日(金)から12月2日(日)まで会期を延長。

「江戸ねこ茶屋」では猫たちの体調や健康を考え、1時間に入場できる人数を制限しているにもかかわらず、イベント開始から50日間で約20,000人が来場し、連日ほぼ満員状態。

オリジナルグッズも予想を上回る人気ぶりを見せ、Tシャツ(3,500円)、ガーゼハンドタオル(1,500円)、モバイルバッテリー(4,000円)など多くの商品が完売し、再入荷待ちとなっている(一部は入荷済み)。

■江戸ねこ茶屋とは?
長屋をモチーフにした建物の中に浮世絵の画像データと立体造形を組み合わせ、江戸の街並みと雰囲気を表現した江戸版の猫カフェです。約45匹の猫がおり、会場内のどこでも猫に触れたり、写真を撮れます。猫は全て保護猫で、収益金の一部を保護猫活動に取り組む支援団体に寄付する予定です。里親も募集しており多くの問い合わせを頂いています。

■特別企画「江戸ねこ茶屋」
開催日時:2018年6月15日~2018年12月2日 11:00~20:00(最終入場19:00)
開催場所:JR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」(東京都墨田区)
最寄り駅:JR総武線「両国駅」西口から徒歩1分

<入場料(60分/税込み)>
当日チケット
大人:1,500円 中学生・高校生:1,200円

<延長料金>
20分ごとに500円

※チケット購入など詳しい情報は公式サイトにて

■LINK
ウェブサイト:https://edonekochaya.com
Facebook:https://www.facebook.com/edonekochaya
Twitter:https://twitter.com/edonekochaya
Instagram:https://www.instagram.com/edonekochaya