「TikTok Creator Awards 2018」にて狩野英孝、佐野ひなこがプレゼンターで登場!その場でTikTok動画の投稿も

2018年10月26日(金)、都内にてショートムービーアプリ「TikTok」1周年を記念した「TikTok 1st Anniversary Event」が開催。イベント内にて今年活躍したTikTokerを表彰する「TikTok Creator Awards 2018」の授賞式も実施し、プレゼンターには狩野英孝、佐野ひなこが登場し、各部門の受賞者にトロフィーを授与した。

授賞式の後には二人のトークセッションも行われ、「TikTok」を始めたきっかけや、魅力について話しつつ、自身の「イチオシTikTok投稿」の紹介も。さらにはその場での「TikTok」動画の撮影も行われ、狩野のアカウントにて、さっそくその動画を投稿。

普段もTikTokを使いこなす二人ということで、撮影から投稿までもスムーズに行われると、会場も楽しくそれを見守った。

その後、囲み取材も行われると、狩野は街中で「TikTokを撮ってください」と言われるなど、アプリの広まりに感心する。そういった流れから、最近ではお笑いタレントたちも一斉にTikTokを始めたということで、いち早く始めた狩野は「入ってこないで。」と焦りつつ「負けないようにがんばります。」と意気込みを話した。

佐野は現在の流行などを知る機会にもなるということで、「若者の流行りにのりたい。」と笑顔を見せた。