小松菜奈が「表参道イルミネーション 2018 点灯式」で“OK、Google”、今年はオープンバスやカフェなど充実のイルミネーション

2018年11月29日、「Google Pixel presents 表参道イルミネーション 2018 点灯式」が行われ、原宿表参道欅会理事長松井誠一氏、渋谷区長長谷部健らとともに、女優・モデルとして活躍中の小松菜奈も登場。

今回の点灯には、Google製のスマートフォン「Google Pixel」も登場し、新たな試みも行われる。また、点灯後には乗車可能なイルミネーションを通るピンクの可愛いオープンバス「Pink Bus」なども用意され、一層「表参道イルミネーション」を盛り上げていく。

Pink Bus

点灯式では松井氏、長谷部氏らの挨拶の後、小松が登場。ギャラリーから歓声も起こると、小松は、「普段から買い物などでよく通りますが、今回、初めての点灯式なので、ワクワクとドキドキと。緊張します。」と、まずは登壇の心境を語る。

今年のイルミネーションはオープンバスにて「Google Pixel」を使ったインタラクティブなイルミネーションとなっていることについて小松は「バスはピンクで可愛らしいし、写真を撮るのも楽しみです。」と話すと、オープンバス自体初体験ということで、「今日は初めてのことがたくさんあって嬉しいです。」と笑顔。

いよいよ点灯式となると、「Google Pixel」を手に、点灯の言葉は「OK、Google、表参道のイルミネーションをつけて?」。リクエストに応えて、やさしい灯りのイルミネーションが輝くと、「すごーい!綺麗…。」と小松も感激の声をこぼす。

「感動です。この瞬間を味あわせていただけるなんて思ってもみなかったので。」と気持ちを伝えると、「毎年、表参道のイルミネーションを楽しみにしているので、今回点灯式に呼んでいただいて、すごく嬉しいです。今年の冬のいい思い出になりました。」と感想を語る。

最後には「これからどんどん本格的な冬に入っていって、各地で素敵なイルミネーションがたくさん点灯されるんですけど、ぜひ冬のいい思い出をたくさん作っていただけたら嬉しいです。オープンバスもぜひ乗ってみてください!」と柔らかな笑顔を見せた。

この後、小松は「Pink Bus」も体験。こちらは12月3日から25日まで、先着順で誰でも乗車可能となる。

バスの所要時間はおおよそ40分。ちょうどイルミネーションに差し掛かる場面で、小松と同じように「Google Pixel」に声をかけると、イルミネーションが反応し、音楽とともにロマンチックな演出の中を進む。バスの内装はレトロでムードもあり、平成最後の冬の思い出が素敵に彩られそうだ。

また、カフェやフォトスポットなども用意されており、こちらの詳しい情報は「Google Pixel」サイトにてチェックしよう。

URL:https://pixeljp.withgoogle.com/illumination