Ginza Sony Park と IMA が提供する写真との新たな出会いの場『#005 PHOTO Playground』 が開催

Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)では「変わり続ける公園」をコンセプトとして、年間を通して驚きや遊び心が感じられる様々な体験型イベントやライブなどのプログラムを実施。 2月1日(金)より開催の実験的プログラムの第5弾は、写真のある豊かな暮らしを提案する〔IMA(イマ)〕をコラボレ ーターに迎え、“写真”の可能性を広げ、見るだけでなく新たな発見や体験ができる、アートフォトの立体展示『#005 PHOTO Playground』となる。

多くの人が写真を SNS で共有し、共感し合うことが日常化している一方、世代を超えてアナログ写真の価値が再評価されるなど、写真の楽しみ方は多様化。各フロアに集めた世界で活躍するアートフォトグラファーの作品は、Ginza Sony Park にデザインされた“余白”を活用し、“公園”に相応しいコンセプトや仕掛けが施されている。

地上フロアには、パリを拠点に活動するグラフィックアーティストのダミアン・プーランによる、高さ約 4m の巨大な猫の 彫刻「猫も杓子も/Catgrapher」(2018)を設置。“人が動物の写真を撮る“という日常の構図をひっくり返し、猫が人の写真を撮ることで感じる新たな感覚を体験でき、撮影された写真はスマートフォンにダウンロードして持ち帰ることも。

また、水を湛えた池を設置し、その中に写真家・鈴木理策の「Water Mirror(水鏡)」(2016)を展示する公園らしい作品も登場するなど、Ginza Sony Parkの空間にふさわしいユニークな立体展示や大型展示の形で提示する。

現在において、より身近な存在である“写真”。 「#005 PHOTO Playground」では、“写真”が持つ可能性や自由度に着目し、写真の可能性を広げていく。

■#005 PHOTO Playground
開催期間:2019年2月1日(金)~3月3日(日) ※地下3階は2月27日(水)まで
開催時間:10:00〜20:00
会場:Ginza Sony Park GL/地上フロア、地下1階~3階
料金:無料
※混雑時やシステムメンテナンスの際は、体験不可の場合あり。
※上記は予告なく変更となる場合があり。

Web サイト: https://www.ginzasonypark.jp/release/20190128/

主催 : Ginza Sony Park キュレーション : IMAプロジェクト/株式会社アマナ

■IMA(イマ)とは
「Living with Photography」をテーマに写真のある豊かな暮らしを提案する IMA(イマ)は、“写真をゆっくり読む雑誌”をコ ンセプトとした季刊誌「IMA」から始まった、マルチメディア型の情報発信プロジェクトです。雑誌では、写真界の巨匠から 現代の若手写真家まで、世界中のアートフォトの魅力をさまざまな切り口でご紹介。2016 年からは英語版も刊行を開始、 さらに連動する WEB も、世界的に活躍する日本人写真家とその作品をアピールしていくサイトとして運営、ギャラリーでの 展示やアーティストマネジメント、アートフェスティバルのディレクションなどを手がけてきました。IMA は、アートフォトによっ て生活をより豊かにするためのさまざまなコンテンツをボーダレスに提供するメディアです