あんなゲームやこんなゲームがテンコ盛りの「デジゲー博2018」レポート!~出会いはカワイイ、そして面白い~

2018年11月4日、秋葉原UDXにて同人ゲーム、インディーゲームの展示・頒布のイベント「デジゲー博2018」が開催。会場にはたくさんのゲーム制作者が集まり、参加者はそれぞれのブースを回って、この時間を楽しみました。

MIKAN編集部では今回、「東京ゲームショウ2018」ほかで取材させていただいた方たちを中心にその様子を紹介。気になるあのゲームの進行状況などおうかがいしてきました。

***

Kotoriyama

『風呂が脱衣所から遠すぎる』

以前、スマホアプリ『ねぇAI、本当の事がしりたい』を紹介させていただいたコトリヤマさん。サーヤさん、モトさんの夫妻でゲーム制作をしており、制作を進めていたゲームについておうかがい。すると、そこにはまったく別のゲーム『風呂が脱衣所から遠すぎる』が。

こちらは習作ということで、ひとまずはUnityの修練を重ねていくとのことでした。

ひとまず[脱ぐ]を押して、ワンプレイ。シンプルなジャンプアクションで、針と大量の亀をかわし、3ステージをクリアすると、色っぽいエンディングシーンが差し込まれ、別ゲームが始まりそうな予感も。コトリヤマブースはかわいいグッズ類も多いのですが、WEBサイトではそういったものの販売もされているようです。要チェックや!

ブースの様子
かわいい物販

URL:https://www.kotoriyama.com/lang/ja/
※『ねぇAI、本当の事がしりたい』(無料)もあるよ☆

***

DESKWORKS

『RPGタイム!~ライトの伝説~』

今最もリリースが期待されているゲームと言っても過言ではない『RPGタイム!~ライトの伝説~』を制作中のDESKWORKSブースにもお邪魔させていただきました。

小学校の教室の休み時間、ゲームクリエイターを目指すけんたくんが文具などを駆使し制作するゲームをゲーム化したゲーム(“ゲーム”の量)。ゲーム内ゲームクリエイターという発想も話題となりましたが、けんたくんの手書きのノートのほぼ全てがアニメーションしたり、定規や付箋など、その他のアイテムも登場したりなど、手の込んだ制作も注目を浴びました。

その道のりはやはり生半可ではなく、苦節7年という歳月を経たとのこと。予定は来年リリースとのことで、「順調にリリースとなりますか?」とおうかがいすると、「その予定です。」と力強い発言。しかし、言ったそばから「また、やりたいことも出てきちゃってるんですよね~。」と語られており、前回お話させていただいた「東京ゲームショウ2018」以来、またやっちゃってる人のやっちゃってる感に、触れることができました。

今回もチュートリアルクリア特典のえんぴつやフリーのティッシュなど配布しており、にぎやかなブースにたくさんの人が訪れておりました。

ゲーム機っぽいポケットティッシュ

URL:http://deskworks.jp/

Komitsu

『here AND there』

今回初めておうかがいする方も。取材はまずぐるーっと会場を回り、MIKAN的に気になるゲームを探すのですが、その中でも『here AND there』はとても綺麗な画面が印象的で吸い込まれました。説明をお願いすると、タッチパネルに反応するキャラクターやオブジェクトたちが楽しく、可愛く、動きます。

ゲーム性というよりも、触ってその楽しい仕掛けを楽しむといったイメージ。WEB SITEによると、インタラクティブ作品ということで、Komitsuさんの手によるアニメーション作品が元となっているそう。

「こういうトコ、住みたいな。」という気分になる素敵な作品でした。ぜひ、WEB SITEにてアニメーション作品とともに。

URL:http://hat-app.tumblr.com/

***

nocturnal studioz

『Sugar High Nightmare』

こちらも「あ」とフライヤーをお見かけした瞬間、即反応。とてもカワイイデザインに惹かれました。ゲーム画面もキャラクターはもちろん、カラーバランス、タイトル文字、アイテムまでとても素敵。制限時間内までライフが0にならないように、ゾンビを背後から狙ってコンボを繋げていくゲームとなっており、シンプルながら延々とやってしまいそうな予感がありました。

「ゾンビガールのMonakaが、kawaiiウイルスを広めてシュガーを集めるアーケードライクアクション」とのことで、これは世界観も広がって欲しい。

URL:https://slimeman.itch.io/sugar

***

GAME-LABO

『THE TRIP FOR OTHERS』

こちらは前回の「デジゲー博」でもご紹介させていただきました『THE TRIP FOR OTHERS』。とてもカワイイキャラクターと何より食べ物のアイテムがたくさんあるところに引き寄せられます。開発はマイペースにされているということですが、体験版はプレイ可能ということで、そちらはWEB SITEにてぜひチェック!

ゲームは少し懐かしい感じのコマンド選択式のアドベンチャーゲームとなっており、主人公である運び屋「キルヒム」が任務を遂行するために、とある不思議なミッションをこなしていくこととなります。

ステッカーなどお手製のグッズもたくさん並んでいたりなどにぎやかなブースですが、12月開催のドット絵オンリーイベント「Pixel Art Park(ピクセルアートパーク)5」にも出展予定とのことで、気になる方はそちらでも。

URL:http://game-labo.x0.com/

***

今回も楽しかった「デジゲー博2018」。とても1日では回り切れない多くのブースで、さまざまな方々がリラックスした雰囲気でゲームを囲んで楽しく過ごしておられました。ご紹介はゲーム専門サイトではないMIKANなりのということで、やはりデザイン性や、キャッチーさなどに注目して。

また、こういったインディーゲームのイベントではゲーム制作されている方との交流も醍醐味となっております。ぜひ、気遣いと愛をもって、[脱ぐ]ボタン、いやワンプレイで、素敵な出会いをお過ごしください。

それぞれのサイトには動画などもありますので、そちらも!

■デジゲー博2018
内容:同人・インディー デジタルゲームオンリー展示・即売会
日程:2018年11月4日(日)
会場:秋葉原UDX2階 アキバ・スクエア&秋葉原UDX4階 UDXギャラリーNEXT

URL:http://digigame-expo.org/